7/03/2009

州都タラハッシ


暑かったです。州の北西にある州都タラハッシ市のフロリダ州大学を見学に行ってきました。
アメリカの州都というのは日本での主都市とちがって、大抵がその州の一番賑やかな大都市ではありません。
ですから、フロリダだとついマイアミが首都だと思っている方がおられますけれど、この州の議会はタラハッシ市にあります。(カリフォルニア州の首都がロスアンゼルスやサンフランシスコではなくて、サクラメントであるように)
州議館と大学で街が成り立っているように、学生と議員、大学講師達の街といっても過言ではありません。
この秋に始まる新学期に向けて、沢山の下見ツアーが毎日実践されており、この秋から全米、そして世界中の高校最終年生が(アメリカの場合は高校生4年生)が願書提出開始を始めるわけですね。
写真(1)は州議会館旧舎と新ビル。




写真(2)&(3)はこの暑い時期はどこの木々にもスパニッシュ・モスが薄いカーテンをひっかけたように下がっておりますよ。(お隣の州ジョージアではこれを採集して、それで生計の助けにしている人達が沢山いたのをみかけましたが。)
写真(4)FSU(Florida State University)のキャンパスはとても広く、キャンパスバスが10分おきに何台も廻っていて、無論無料であり、学生達やその家族達も自由にあちらこちらに行く事が可能です。

フットボールフィールドの大きい事!キャンパスには本屋は無論ですけれど、FSUグッズ店、映画館、沢山の有名チェーンレストラン、スポーツバー、カフェ、劇場、はたまたサーカスの大テントでは学期を通してサーカスがくりひろげられています。ケヘッ。
14の大きな学生寮アパートビルと一戸建て家屋が点在しています。
数時間に渡る、オリエンテーションはとても有意義なお話で、Kristinaも満足の一日でした。
この秋から高校生になるShaunもすっかり、この大学に魅せられて「あ、もう僕の行く大学は決まりだ」何ていってます。笑

0 件のコメント: