2/07/2010

シンフォニー

昨夜孫シャーンが高校で中学校オーケストラ音楽部との3校合同コンサートがあり、出かけてきました。
彼はこのオーケストラ部、シンフォニック・ウィンズ(調べの風)に入って、3日の練習でトップ管弦楽者として左前に位置しており、私はババ馬鹿で、彼の演奏に胸が熱くなりました。
いつも「気楽に、構うでないぞ。ひかえておりゃれ」と師に就いて学び事の多い我が家のヒメとはまるで性格が似ていないシャーンはピアノ、ギターそしてこのトランペットも全部自分でインターネットの譜面を学びながら会得したという地道人間です。
マーチングバンドでも活躍していますが、彼にはシーフォニーの方が合っているかもしれません。
けして運動が不得意ではなくて、走るのもクラスでトップですし、学業も4.4GPAという州でもトップクラスの成績ですから、少し引っ込み思案気味なところがある以外では理想の息子(孫息子)と思わねばなりません。
今日はシャーンの事を思いっきりババ馬鹿でお知らせしました。
中学生のデービットも今学期をオールAでクリア(4.0GPA 中学生は4.0が最高点)
心配は最近どんどん親元から離れていくクリステーナ、「良きに計らえ!」ったって、最後の成績表はついに私達には公表せず、多分4.0GPAはずっときってしまっているのでしょう。
大学進学はだいじょうぶなんか?ヒメ当人は「ちっとも心配なくってヨ、そう騒ぐでない」とはいっておりますが、、。そのウソ本当ゥ?でアリマス。

1 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

ご自分で習得されたのですか。すごい、それだけ才能をお持ちです。
シャーンちゃんもデビッドちゃんも、何でも良くお出来になります。3人とも理想的に育て上げられました。結婚してくださるまで、もうしばらくは、そのあたりは日本とは違うのかな?。