9/20/2010

あ~、こわかった!

あ~、こわかったぞ~っ。ンもう~といった具合。

コワイって、地方によっては二つの意味がありますよね。
恐ろしいという意味と、疲れたという意味と。
昨日の私は正にその両方でした。
先日最寄大学寮に引っ越していった孫長女の部屋を孫長男が移り住む事になり、その手伝いをしたのですが、何せ山のごとく雑品がまだまだ残されているその部屋をかたずけるのに丸一日かかってしまいました。
心の奥には母親に見放されたという心理が手伝ってのことか、物を手放すことに何やらの抵抗とコダワリガあるらしく、彼女の幼い頃からのお気に入りや特別企画開催時にまとった衣類、髪飾り、化粧品、賞品、記念品、プレゼント、本、ノート類等等、18年間分の品が部屋に積み重ねられており、半ば病的に彼女は如何して良いのか解らないでいたのが察すられる状態に、ここは一つまた私が鬼となって彼女の心の弱虫を退治すべく、大ゴミ袋にそれらを詰めること8袋、やっと半分以上を捨てる事に。
捨てても、捨てても減らない雑品と、そして何が出てくるものやらヒヤヒヤしながらの数時間、コワイこと&こわいこと、誇りやゴミの空気を吸いすぎたのでしょう、夕刻頃にはダウン。
部屋の収納部屋ウォーキングクローゼットの中はまだ手付かずのびっしり詰まりながら、部屋自体は一応何とかシャーンが入居するに至り、すっきりしました。
あ~、今頃彼女の寮の自室は整理整頓されているものやら、、、。4室一連のアパート形式の部屋ですから、それぞれの同居寮生活に迷惑が広がらないようにはお互い気を付けているとは思うのですけれど。どうでしょう。

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

その袋に詰められたのは、彼女の許可なく捨てても大丈夫なのでしょうか。貯まりますよね~。そして何年か経てば、さほど必要でないものもありますが。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60様

実はその翌日彼女が大慌てでやって来て、必要なものを数品持って返りました。
私もこれで一応一段落した思いです。
自分ではなかなか出来なかった事だけに、「グランマ~ッ、全部捨てちゃうなんてあんまりよオ」と言いながらも内心ではホッとした部分もあったに違いありません。
全部のゴミ袋が殆ど、残っていましたから。