9/30/2010

あと数ヶ月の2010

つい、最近だと思っていた「明けましておめでとう」の言葉は何処へ飛んで行ったものやら、今日は9月も最後の日、2010年はあと2ヶ月を残すのみ、、、。ひぇ~~。
そのあと2ヶ月間に私達の今年の課題をかたずけるには短すぎるといったところです。

Kristinaの大学進学といった一つの完了はありましたが、私達夫婦にはまだ健康維持という課題がデーンとまだそこに構えていて、ふ~む、どうしたものやら、、、。
来月一杯は夫の心臓病の再検討期間で、2度目の危機を向かえています。
マイアミ大学病院で起きた奇跡の生還(風が見える時ー500人に一人の心臓)で言い渡された10年体力保持保障期間が切れたようです。あの時にレントゲンに写らなかった奇跡の異常血管は今もフルに動いていて彼を生かせているのでしょうか、その手術でのバイパスされた動脈はやはりもう90%働きをしていないとの事。
ちょっと深刻にならざる得ない状態の私達の生活は、それでも普通に日が明け、暮れの日常生活といったところ-それが現実というものと受け止めてはいるのですが、とにかく時があまりにも早く走り去っていくようで、息切れしそうです。

今年のハリケーンシーズンとしては初めての緊急閉校日となりそうだと報告があった昨日ですが、私立学校は一日閉校を実施し、市立、公立、州立学校は普通授業日となりました。
熱帯気候低気圧まだここ一辺に停滞しているようですが、今朝は雨は止んで、曇り空です。
大雨天候にはちょっとへきへきしていますが、5年前のカトリーナ以来は大きな嵐がここに上陸していないのがラッキー。

1 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

ご主人様の心臓、その軌跡の血管がちゃんと代役を果たしてくれてますか。経過観察されてましたら、早めに対処できるのでしょう。ずっとお元気でいてもらいたいですもの。
日本も台風の季節ですが、今年は台風が来ていない奈良です。このまま過ぎてくれたらと願っています。