10/16/2010

秋と私とカメニャン

今朝も老猫カメニャンに騒ぎ立てられて早起きをし、餌や水の取替えをしてから台所のかたずけなどを済ませた。
猫の体内時計での行動なので、早朝出勤の理由で4時起きをした昨日は声も小さく私の姿を見て少し戸惑いがちだったのとは大違いで、今朝の5時半のニャオ~ゥは叫びに近い不満声であった。
60代の私さえ、遺伝性の種々の体の不都合も加齢と供に表面化しては、あちらこちらに不自由な支障をきたしているのだから、猫年令にして100才は過ぎているカメニャンにとっての毎日はどんなにか困難なものがあるに違いないと察している。
産まれてからずっと母親代わりをしてきた孫達の成長が自分の身の回りの世話や登校仕度等も自分達でやるようになってきて、もう幼少の頃には手がかからなくなっている。
が、それでも私が彼等を登校時に見送ることに安心感を感じているものか、彼らはこの老猫の行動で私が接する朝の時間が出来たことを好ましく思っているらしい。
実母との関わりが人並みのものとは云えない彼等にとって、動物好きの私達夫婦の愛情を分けて暮らす事が少なからず何らかの影響を及ぼしているのだろう、孫3人が3様に特別に動物好きというわけではないどこか醒めたところが根底にあるように感じている。
思うに、強い絆を持ち何かを心から愛でると言う感覚に欠如しているのかもしれない。
Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com

Glitter Graphics | http://www.graphicsgrotto.com朝は涼しくて、とてもすがすがしい今のフロリダ、もうすぐ観光ベストシーズンの好天気に心の雲も流れ去る秋の気配に身を置く今日この頃だ。
店内にクリスマスデコレーションや縫いぐるみを飾りつけた。
昨年には感じられなかった膝の痛みが梯子の昇り降りに増して、この分では来年のクリスマスの飾りつけは無理かもしれないなァなどと考えたりした。
ともあれ今年も沢山の可愛らしい縫いぐるみの勢ぞろいに満足の私、体はどうあれ、心は未だ成長が無いので幼いネェ。

0 件のコメント: