11/21/2010

特別な日

恥ずかしながら、本日21日はワタクシメの誕生日であります。
よくも、まあ、ここまで来られたものだと、少したりとも人生の勝者の道を進んで来たとは思えない今日に至り、愚年を重ねた身をば、もてあますことも多々ある暮らしぶりにございます。
と、いうように、どう縦、横、斜めから見たところで、私の生涯に於いて、大してあっぱれな活躍をした覚えもなく、只々無事にこられたのは家族や周りの方々の存在が私を生かさせてくれていたような感の私の生き様であります。

毎年のこの日は外食嫌いの私に、夫が特別メニューのデナーを作ってくれるのですが、今年は13才のDavidがシシカバーヴを作ってくれました。(写真上)
夫がいつものようにテーブルセンターの花とケーキを買ってきてくれました。
昨年は確かKristinaがダブルチョコレートケーキを焼いてくれたように記憶していますが、今年の彼女は寮生活で、しかも先週追突事故を起こして車は現在修理に出していて今週末まで運転不可なのです。
私は今日のこの日を一日のんびりと、な~んにもしないで、日本のテレビ番組をネットで一日中飽きるほど楽しみました。
息子は夜の出勤で不在ですが、Shaunが夕食後の皿洗いをかって出てくれましたし、静かで平凡ながら、今年も良い誕生日を迎え、また明日からの生活に元気が沸いてきた思いです。

0 件のコメント: