4/18/2011

少しお静かにッ!

最近、今月に入ってからはなおさらの事、夜中から明け方まで、家の周りの各種の鳥達の鳴き声が騒々しく、ちょっとばかり迷惑かしらん。
この敷地一帯が動物自然保護地域である為に、野鳥や野性小動物が沢山出没するのですが、今が春、求愛の時期だからなのか、はたまた弱肉強食の世界での威嚇行動からなのか、とにかく鳥の声が屋外から響いてきます。
家族は皆、あまり気にしていないようですが、私は夜中のそのピーチク、パーチクの鳴き声にすっかり睡眠を妨げられる今日この頃といったところなんです。
それでも、騒音とはいえ、鳥の鳴き声は他の機械的騒音よりも遥かに良いですし、今の時期が過ぎたら、また優しい鳴き声に代わる事でしょうから、もう少しの辛抱かな?
鳥の声が好きな私ではありますが、あまり眠りを妨げられた時は心の中で「少しはお静かにッ!」と念ずる事にしています。
 夜勤生活が長い息子のJohnは日中が就寝時間ですので、夜中から明け方はこれまた彼の活動時間でありますから、音楽を聴いたり、TVを見たり、台所で何やら作って食したりしますので、現在の鳥達の鳴き声ほどの騒々しさには及ばないのですけれど、ちょこっと私には耳障りな時があります。
が、それも来週には完全終了となるようです。
マイアミ航空(チャーター航空会社)を去り、来月からはアメリカン航空に勤務する事になり、単身ニューヨーク暮らしになるからです。
ま、これで「少しお静かにッ!」と彼に言うことも無くなりますが、ちょっと寂しいかも。

 何が目的なのか、大いに懸念しているところですが、日、水、金曜日の週三日のみの勤務先で、新任4ヶ月になる現在の支店長が、事あるごとに勤務仲間を前に私を褒めちぎり、ちとばかり、迷惑しています。
夫とも話したのですが、「ちょっと、それはマネージメントとしては不味いね。」と。
対人比較の褒め言葉や、注告は他の面前ではしてはいけないものと、私の長年の勤務体験からの常識として捕らえていたので、このところ支店長が笑顔で私のところにやってくると、心の中で私は一言「少しお静かにッ!」

0 件のコメント: