5/19/2011

フラナガン高校ガード・リサイタルの夕べ

昨夜フラナガン高校オデトリウムでシーズン最後を飾るガード部員のリサイタルがあり参観してきました。
長女孫Kristinaの部活や全てのチャンピオンシップ大会などの応援・支援を昨年をもって終了したと一応安堵していたところでしたが、彼女に代わって中学生の末孫息子のDavidが高校のその部活動に抜擢されて、すっかり注目の的となってきて、嬉しいと思うのと、アァまた活動資金繰りの調達や送迎の部員援助者として忙しくなってきたのがちょっと辛いと思う減殺の私です。
この夏には全国放送局のABC(アメリカン・ブロード・キャスティング)が高校生の部活活動を通しての日常を撮るリアリティショーの高校として契約が起きていて、その出演メンバーとして選ばれたそうです。
それに控えてキャスティングインタビューが放送関係者と先週末に行なわれたのですが、David曰く「インタビューの大半が昨年の偉大と今や伝説化されつつあるシスターのKristinaの話を聞かれたのが、ちょっと、、気になったよ」との事。
Davidはあくまでこの秋から正式にフラナガン高校の生徒になるわけですしね。


今日夕方には次男孫Shaunのマーチング・バンド及びオーケストラ部活の説明参観日なのでそれに出掛けなくてはなりません。(ちょっとキツイ。考えるだけでジカレタァゾォ~・・・フ~ッ・・・)
ババママはくたびれて来ました。ガンバレッ!と自分にエール。

0 件のコメント: