12/23/2011

師走の暮れ

フルーのせいか、寝たり起きたりで、全てに中途半端な日々を送っていて、今や師走も、もう暮れをむかえてしまいました。

Glitter Graphics | http:/


報道関係はもう”2011年を振り返り”的ニュースや番組になってきましたね。
今年の私達の私生活は、静かに始まったようでいながら、この過去数年間とは大変貌を遂げていたかのような感じを夫共々身に感じた一年でした。
孫娘Kristinaが自立生活を送るべく我が家を離れて、ボーイズが高校生となって親離れを(爺婆離れ?)をしたのと同時に私たち自身夫婦は熟年から老年に入って健康維持に必死の一年でもあったようです。自身の生涯の一生タイムライン上ではこうなります。
誕生ー幼年期ー青少年低年齢期ー青春青年期ー結婚生活初期ー子育て初級者期ー倦怠期及び就職勤務期ー子育て失敗からの2次子育て(孫)期ー世間及び若者対抗意識熟年期ー立場確立期ー一般対抗放棄期ー成人病及び健康維持目覚め期ー共存生活での健康管理期の現在、とこうなるわけです。笑

夫と子供達は今はホリデー休暇中で来年1月2日(月)が既に初登校日となるとのこと。元日が日曜日なので、慣例ではその祭日が繰り越しての翌日の月曜日が休みとなってもよいはずなのですけれど、何故か郵便局や政府関係のお役所は休みなのに、州立、公立の学校が休みとなっていないのが、ちょっと不思議ですね。
子供達が幼いころは私達もこの時期はちょっとは気合を入れてこのシーズンをすごしたものですが、今年はクリスマスツリーの周りにプレゼントをおくつもりがないせいか、先週やっと引っ張り出されたツリーにはライトとツリートップが輝いているものの、オーナメントの飾りつけは今だに箱の中で、多分今年はそのままになるようです。来年はツリーも出さないのかも、、、。
でも、子供達へのクリスマスプレゼントの買い物は昨日すませましたよ。
今年は一括4人の子供達には(息子と3人の孫)それぞれ同じものです。(精神的には40才の息子が一番子供かもしれませんしネ)ヌックタブレットの最新版にしました。
夫はその出費で血圧異常を起こしていますが(笑)、もしかしてこれが最後のクリスマスかもしれないなんて毎年考えるし年令になった私達には自分達には何ももう特別に必要としない心境ですから、散財ではないはず、、、と思うことにしています。
今の私自身もあまり欲するものも無く、あるものは感謝して、ない物は無いなりの生活を楽しむといった、周りが幸せであればそれが私には幸せなのだとーこれぞ、この自分期の心境の変化を体験しているのでしょう。何事もあればあるで良し、無くてもそれはそれでまた善しと。これは、若かった時期での諦めの心境とはまた別の感覚なんだと思いますが、どうなんでしょうね。

今現在も金土日曜日の三日を接客出勤に当てていて、今年は感謝祭、クリスマス、お正月のお三大祭日が出勤日なのですが、またそれも善しとしています。
今年の年末は昨年とは違い、エコノミーが少しは上昇してきているのか、混雑の極めを顕にしていて、活気には満ちています。
今年の近所は各家庭でのライトアップも多く施されていて、きれいですよ。
皆様メリークリスマス、そして良い年の暮れをお迎えくださいね。

Glitter Graphics

0 件のコメント: