7/20/2012

科学と気力と能力と

夫の諸検査が終了し、来週火曜日に手術がきまりました。
彼の頚動脈は90%閉鎖しており心臓外科医の話では、たった10%の血流で平常生活を送っている夫が奇跡そのものだと云います。
夫は今朝も通常通りに出勤しました。
毎回の事なのですが、夫が入院する度に、私もまるでお約束のように体調を崩します。
性格、思考、嗜好、趣味などの全てか違う他人でも45年間の共同生活が、そうさせもるものか、事、体調に関しては脳波長いが同じなのかもしれませんね。
これも科学と気力と何らかの能力の範囲内の出来事のように思えてなりません。


科学と気力と能力のお話といえば、私は最近話題メンタリズムのDaiGoメンタリストのファンです。
マジック、心理学や超能力というのも、やはり科学の一部なのだと、考えます。
錯覚や不思議な出来事というのは面白いですね。私達の日常生活範囲内にさえ知らないことや発見が満載なのですね。