9/11/2012

変わりなし

人間と同じに良い日と悪い日があるようで、今朝は久しぶりに体調が良いのか、声にも張りがある我が家の老猫カメニャン。
朝は早い時間から鳴いて私を起こして、私が一通りの朝の家事を済ませるのを見届けると、次はまた二階寝室へ行き、夫を起こしにかかります。それからボーイズの部屋の前でも、彼女の起床コールは毎日なされます。それは単に動物の習性というか、そういった類のものなのかもしれませんが、彼女の毎日のルーティンの行動は確たる信念を持っているかのよう。
私達家族が日常生活を始めるのは彼女がそうさせているらしいと思い込んだかのようで、今やそれが自分の責任任務であるがごときで、それは時には執拗なものでもあります。
どこのご家庭でも飼い動物達の個々に持つ性格、習性、行動は、とても面白いものがあります。
動物を癒し、癒されの共同生活といったところかナ。

先月から週末の数時間は馬牧場で馬小屋の掃除で市民奉仕単位を受けようと出ているShaunですが、社会奉仕卒業単位をとれるまでにはまだまだ時間不足で、大学進学奨学金を取る単位にはもっと積極的に多くの奉仕事業に関わらねば間に合わないのでは、、と私は少なからず心配しています。来月には友人を通して、最寄の総合病院で奉仕時間を受けられるらしいとかですが、積極性に欠けるところがある彼の性格が、時にティーン特有の情緒不安定行動にさえ感じられて、(決して優秀だったとは云えない、この大昔の高校生にはちょっぴり歯痒く思われ、彼の責任行動をただ見守るのみです。
強いられてやっと関わりを持つ行動に出る今の彼も、将来は自分の真心からの信念で社会奉仕にも何らかに携わってもらいたいものです。

今日もとりあげて記する事がありません。
これから定期健診にドクターのところへ出かけてきます。帰宅時にはアジア食品マーケットに寄って、海苔でも買ってきてオムスビでも作ろうかしら。
とくに変わりなしの私の日常です。