10/04/2012

Ghurrrrrrーー怒ってます!

Ghurrrrr と今怒っているんです私!
どうしたも、こうしたも、、何なんだこれは!! 昨日には借りて使っていたDavidのタブレットが絶命しましたッ!しかも、これまた、一昨日には完全に再開立て直し完了していた私のネットブックまでも、昨日からまたもやブラックアウトです。
AT&Tの配線に何らかのお邪魔電波が入り込んでいるのではないかとサスペクトしていますが、一体全体何なのかしらン。
これで、古くなったデスクトップを含めると我が家の3台のPCと2台のタブレットがこの数ヶ月で立て直し不能になったことになります。

しかし、毎週帰省する息子のラップトップを含め、Shaunのラップトップとタブレットも今のところは大丈夫なので家では計3台のPCと1台のタブレットが今のところは作動していますが、何とも不便極まりないのが実情です。ンー、もうッ!!Ghurrrrrr!!!

Ghurrrrrと今怒っているんです私!
昨夜の大統領選ディベイトで民主党オバ大統領は、完全に共和党ロムニー氏のセールズトークに圧勝されてしまい、中立な立場にあるはずのメデアステージはロムニー氏のコントロールで進められたかのようでオバマ大統領のトーク時間が数回のロムニー氏のインタラプションの機会を与えられ、オバマ大統領のトークの順番にも不規則なものがあり、ロムニー氏がトークに有利な時間を与えられるように構成が進んだ、不公平そのものといったステージだと私には感じられました。
オバマ大統領はロムニー氏のこれまでの酷い発言を追及することも無く、今の彼の立場をリピートするだけに至り、反対にロムニー氏はオバマ大統領の企画プログラムを自分のクレジットにしてそれを自分の企画に盛り上げて激論を戦っているかのようなトークを示しました。
私の目にはロムニー氏はビジネスマンの巧みなセールズトークとしてしかうつりませんでしたが、多くの人達がこのセールズトークを真に受けたのも事実のようです。
今朝の日本番組ニュースで昨夜の様子が放映されたのですが、そのニュース番組内でも、共和党支持のFoxのコメンテーターのオバマ大統領批判を放映したのに対し、民主党支持のMSNBCのコメンテーターの方は”この映像は放送協定で流す事は出来ません”のテロップが出たのには、私には落胆させられました。(多くの出版社、放送メデイアは大資本会社の資本で運営されていますのでね。) 資本主義の否定者ではありませんが、このままではこの国も貧富の差が益々激しくなっていくこととなり、先進国としての今までのアメリカン・ドリームは上層階級のみのゲームと化するかもしれませんね。時代錯誤化して、また豪富資本家対身動きがコントロールされた労働者の社会になっていくのは是非避けたいものです。
資本を盾に弱きを貶めたり、脱落者として無視したりの横暴社会が世界の嫌われ者になるのが怖い。そしてその資本家に群がるヤカラの世界がこの社会を牛耳るのは絶対に抑えなければならないと考える人達がどれだけいるのかが、今後の大統領選にかかってきますね。