11/23/2012

ブラックフライデー

今年のDonの七面鳥料理はいつもながら見事に焼きあがり、満腹の感謝祭デナーとなりました。

(スタッフィングを作っている彼の手ぎわは良さそうには見えないでしょうけれどネ)
ただ、私達夫婦とボーイズの4人だけのテーブルは例年と比べて寂しいものでした。
この大きさの鳥ですので、このデナー後も暫くはターキーサンド、ターキースープやターキーキャサロウとターキーのアレンジメント料理が続きそうですよ。

今日が正規のブラックフライデー。全米の商店が一大セールを繰り広げる日です。
巷では感謝祭の木曜日にも既にブラックフライデー商法が展開されていて、マイアミ市内の数店では泊りがけの客が並んでセールの開店を待っているとか
我が家周辺どのニュースで放映されていました。
又、今年はどこの店も例年より早い開店時間が設定されているらしいです。
そんなこんなで、Davidが夜中2時に友達がショッピングに行くのに付いて行きたいと申し出たのですが、「そんな事を許可出来る訳無いだろう。」とグランパから一括の下に申し出却下となりました。
15才が考える事は、常識からちっとばかりはずれぎみになりがちです。
ブラックデーセール日の今日は、きっといつものように朝寝坊して起き、午後にモールに出掛ける事でしょう。
私達はこの過去数年間ブラックフライデーセールの混雑に出掛ける事はしていません。もう、それは凄い混雑ぶりなんですよ。

昨日は欲しがってターキーを沢山食べたカメニャンは今朝はその味に飽きたものか食べようとしません。
彼女が食べられる猫缶が切れたので、早速スーパーに行ってきます。
街はセールへ向う、もしくはもうショッピングを終えた帰途の人々で混雑しているようですが、感謝祭のフィーストが終えた後の食料品マーケットは静かな週末を迎えているはずです。