1/14/2013

エンタテイメントでのプチ知識

日本各地は都心も含めこの成人式の今日は大雪とか聞き及びました。
こちらでは少しの肌寒さを感じるこの頃を室内エアコン無しの暮らしぶりで、「僕の部屋は暑くてかなわないよっ」とShaunが不平を述べています。

そんな中でフロリダ州始め、全国で大変危険なインフルエンザが死亡者を出している様子で、ニューヨークから菌を持ち帰り気味な息子に今週は来なくてもいいと思っていた矢先の帰省で、ホラ見たことか、当人はゴホゴホ咳を出して迷惑な事、甚だしいといった風です。

日本のお正月番組をネットで夢中になっている間に2013年ゴールデングローブ・アカデミー賞を見落としました。
日本の番組も本当はテレビの大画面にPCを繋げて観たいのですが、夫と息子が来週末でシーズンが終了するプロフットボール観戦に夢中ですから、私はその間にPCを自室小部屋に持ち込んでのお正月番組鑑賞となります。(ボーイズは各自室でPCとTVを繋げていて、テレビの画面で映画をみているようです。)

アカデミー賞受賞作のラーゴ観ましたか?夫と息子がテレビ保存のその映画を見ている間、私は例によって、お正月番組をみていたので、今週にでもあらためて見ることにしましょうっと。
レ・ミゼラブルの方はDavidは先日映画館で友人達と見に行って、若い彼にはちょっぴり理解がし難いところもおおかったようです。
私も彼と同じ年の時、図書館で借りた本で読んだのを思い出し、内容が定かでないほどストーリーがぼやけてしまっているので彼に質問してみたりしました。
Davidの映画鑑賞は開口一番「兎に角、長ーィ映画だったので、疲れたぁ」とのこと。笑

私の日本の知識は日本を出た10代知識で完全に止まってしまっていますので、日本のテレビ番組で自分をためしてみる事が多く、「Qさま」とか、「平成教育委員会」だとか、「タイムショック」やらでみると、国語の熟語や、漢字の意味や読みは少しは増しな方ですが、書き自体は駄目ですし、計算問題はまるで駄目で理数系の問題だと、殆ど全滅。
尊敬語と謙譲語を取り違える事はしばしばですが、比較的に言葉遊びが好きで、「ぺけポン」「オモジャン」とか、「世界は言葉でできている」なんてのが、大好き。
やはり、私にとって賢い人間、できる人間とは総合的に知識全般の事より、心&センスの問題であると思っていますが、いかがでしょうか。でも、それは学業知識が微々たる私の負け惜しみのことばなのかもしれませんね。