1/23/2013

これって必要なの?

薬局に目薬を取りに行ってきました。
来月初めに左目の(角膜欠損症やら、何やらかにやらを含めての)矯正手術をするにあたり4種類もの目薬を処方されて、面倒くさい事といったら、、。
一つは術前1ヶ月から、次のは術前1週間前から、次のは3日前から投滴で4個目のは術日から術後1ヶ月投滴するものなんですって。薬や手術は保険でカバー後の残高ン百ドル、いえ、千ドルを越す費用がワタシメの懐から出る羽目になってしまいます。
しかし、こんな手術、今の私に本当に必要なのかしら。
今は右目は眼鏡で、普通にみえていますから凹凸がはっきりしないので車の運転がちょっと不都合ではありますが私的にはあまり不便な暮らしではないと思っているのですよ。

このところカメニャンはとてもよく食べるので、すこし丸みをおびてきたようです。家族の誰の顔をみては「にゃんにゃこ~にゃん~~」(訳:何か美味しいものないのぉ~~)と騒ぎ立てます。
あまり自分で毛つくろいをしないので、(うまく自分の姿勢を保てなくて)私の膝に乗ると私はここぞとばかりに、鋤ブラシですくんわけです。やればやるだけゴッソリ毛が抜け落ちて、もう一匹猫ができそうなほどの毛山になります。
でも当人(いや、当猫)はこのブラッシングがとても迷惑らしくて、私がブラシをあてるとそそくさと逃げていきます。
この時の彼女の「にゃんにゃこ~にゃん~~~」は「これって必要なの?やめてよ、好きで毛をボソボソにしてんだから~」です。

今日ちょっとスマホのアプリで遊んでみました。
一番笑えたのが、この翻訳アプリです。
日本語でマイクに言葉を話すと、美しい女性の声でその英訳された言葉が返ってくるのですが、私の私語が聞き取れないのか、又は誤訳されてしまうものか、文法も会話もメチャメチャで、面白いの何の。笑
所詮、機械が人間の声を判断しての決して精巧なしろものではないため、四角四面な会話と単語かお遊びのみにこのアプリは使われるものに違いありません。
どの国の言葉も即座に翻訳するので、使いようでは便利なものだと思われますが、私にこのアプリは必要になるかどうかは今のところ見当もつきませんけれどね。
あと、いろいろ他にもゲームを試してみたりのアプリで楽しい午後でした。