2/07/2013

よしっと

息子Johnnieが休暇を終えてニューヨークに戻っていったので、寝床を失ったカメニャンは、次の寝床を探していたらしJく、姿が見えないなと思って外を見ると、いました。プールサイドの椅子の上で初夏と思い違えるほどの陽だまりの中で爆睡していました。

午前中に左目手術を終え、帰宅したところです。
ちょちょのチョイの数時間の手術で、ン千ドルとはこの国の医療がいかに高いかがわかります。
2日ほどは運転をひかえるようにいわれておいますので、夫が今日と明日は勤務から休暇を取って私のショファー役をかって出てくれています。特種レンズを移植したので数週間後にはすっきり、くっきり視力に戻るらとのお話に、遺伝性弱視でその上の更なる網膜疾患の視力回復は並ならぬ喜びを禁じ得ません.
左目ば暫くの間クリアパッチをしておかねばろならず、頼りの右目は近視用コンタクトをはめていて、テレビを観る事は大丈夫ですが、手元がよく見えないので、今このブログ更新も手探り状態でチマチマとタイピングしています。
今日明日は家事はゆっくりとやるようにと師事されましたが、日頃からさして紺詰め形の私ではないので、云われなくとも手抜き状態なのでご心配には及びません。笑
ただ、カメニャンが私のパッチ顔を見て何か不思議そうなしぶりをみせているのが、ちょっと気になるかも。