3/14/2013

春の落ち葉

我が家の裏庭に抜ける横道を見ると、まるで秋なのかと思われるほどの落ち葉でうずまっています。
裏庭のゴルフボール避けを兼ねて、ゴルフ場沿いに植えられている大木は春にはこのように葉を落とし、夏にはうっそうとした沢山の緑をつけるのです。
数年前のハリケーンで根こそぎ倒れて根元だけ残されたのが、今ではまた元の大木となって茂る姿にはその生命力に感嘆さえ覚えます。

四季がはっきりしない亜熱帯気候の暮らしですが、玄関前は何時もうっそうとした緑なのに、裏のこの落ち葉を見て私は「嗚呼、もうすぐ真夏の暑さがやってくる」と思うのが、秋の落ち葉を見て冬を予測する多くの人達とは逆なのですよね。

この週末に夏時間の時差調整があったのでボーイズが登校する時間には外がまだ薄暗い。
カメニャンのモーニングコールが無い今はあわてて起床する必要が無くなったわけですが、(これが少し寂しくもあります)私の体内時計は朝の光線具合で調整されているようで、ボーイズの朝食とランチ作りに暗いうちに起きるのが私のレイジィボデーには今はちょっと応えます。
が、あと数ヶ月で二人とも大学生ですから少しはマイペースでいけそうです。といっても、今も結構マイペースな私ではあります。笑