4/07/2013

今朝の感心

今朝は5時に息子をマイアミ空港まで送ってきました。
週末でも朝早くのハイウェイは車も少なく時速100~120キロで快適に走れるので、視力強化手術後の今は運転もあまり苦にはなりません。
極度の方向音痴の私でも、毎週の送り迎えとあってはそのルートに慣れざる得ません。私のポンコツ車の活躍が心から愛おしくさえ思える朝のドライヴでした。

右の写真はデイヴィッドがニューヨークの街中を写して私にメール送信してきたものです。
東京の街中を歩いたのは彼が4才の時で、その時の様子は少しも記憶には残っていないこともあってか、16才になった彼にとっての、このニューヨークは初めての都会であり、その雰囲気と雑踏が余程気にいったようでした。
我が家近郊のマイアミやフォートローダデールも結構都会の顔を見せているのですが、彼に言わせると、まるで違ったものらしくて、日本でも地方出身者が東京を見るような気分で、ある種の魅力をニューヨークに感じたのでしょうね。
しかし、まだまだこれから大人になるにつれて、これからの色々な生活体験を通して都会への憧れはその形を変えていくのでしょうね。

生まれた土地や故郷の思慕もあって、日本の方々のネット掲載やブログ機関を通して情報を得たり、その暮らしぶりなどを想って楽しんでいる私です。
今朝はその食生活にちょっと疑問が起きました。
北海道・札幌発・だべさ通信のぽぷらさんのブログで、海産物「ホヤ」のお話が載せられていました。
フム、フム、北海道ではよく使われる食材トナ?。さて、「ホヤ」って何だったっけ?載せられた写真を拡大してみたけれど、それでもよく解らない。多分私の日本での生活18年間で食した記憶がまるで無い。
インターネットで「ホヤ」を調べると、大体の事が解り、更にYouTubeにその調理の仕方がアップされていたので、「へぇ~。なるほどォ~。」と思ったのですが、日本人の食生活は本当に自然が豊かなのだなぁと、改めて感心しきり。

好き嫌いは別としてウニ、ナマコ、ホヤなどの天然海産物を初めて食生活に取り入れた人間はエライ!!の一言です。
天然物使用食材以外でもチーズ、納豆、チョコレートなんかの創造食品を初めて造り出した人間の知恵というものは「コレって、どうなのよ」と誇らしく思えますよね。
なーんて、大した料理を作れないこの私が、遠い昔の他人の手柄をひとしきりに感心しまくった朝でした。