5/10/2013

私の日常は

特にブログに掲載するほどの話題がありません。 動物達の居なくなった我が家ではなおの事、お隣のカメールちゃんも老いのせいか、外出が億劫になってきている様子です。
昨日は随分前に処分済みと思っていた古い単行本の推理小説が現れたので、ちょっと読み返してみました。(写真参照ー宮部みゆき・淋しい狩人)
ストーリーの設定が古書店を営む老人イワさんとその高校生の孫の稔との生活のやり取りは時代こそ違っていても年齢層的には私と孫達と同じなので、その日常生活対話などが面白いのですが、文化の違いからくる背景と社会思考の関連性などがまるで異なっているのにも興味をそそられました。


我が家の高校卒業生のシャーンは此の夏から進学を決めたフロリダ大学(University of Florida)でオリエンテーションがあるそうで、来週夫が彼をゲインズビル(フロリダ州中央部のオーランドの近郊の大学街)のキャンパスに連れて行く事になり、私は昨夜ネットで大学付近のホテルを3泊の予約しておきました。
本当のところは家族でUFを見学出来ればと考えていたのですが、デイビッドはまだ終業式は来月ですので平日登校日ですし、私はその送迎があり、今回は家族そろってUFに向かうというプランは断念し、よく大学事情を知る夫のみの付き添いとなるわけです。

今月からクリスィテーナと彼等のママのローズがフォートローダデール海岸沿いのタウンハウスに同居を始めました。
クリスィテーナももう成人です。昔の恨みつらみなどは忘れて、親子喧嘩をせずに、上手くやっていって欲しいと思っています。


今日も何か邦画をネットで探してみようと思っています。
先週は「終の信託」「告白」「神様のカルテ」などを観賞しましたよ。
こちらの映画も何本か保管しているのですが、何故か邦画ばかりが私の心には癒しとなるようで、「レ・ミゼラブル」や「リンカーン」はいつ見るのか、又はこのまま保管だけですませてしまうのか、、といったところなのです。

この日々、何でも億劫でならない私です。
そういうのがイワユル「アブナイ兆候」なのは十あ二分にも解ってはいるのが、尚更やっかいなところですね。
今の私の日常は”ボケないでよ” (Don't loose your marbles. - ドント・ルーズ・ユア・マーブルズ)でアリマス。

1 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

まだまだお若いですし、ボケなど無縁と思います。いつまさかが起こるかもしれないのは、私も自覚しています。
ママと暮らされてますか。ご本人が良ければですね。