6/23/2013

メデタシのお話

外のプリメリアの花の蕾が嬉しそうに小雨に震えています。
雨が降って生き生きとする草木を見ても、何故かすんなりと「天の恵み水は良かったね」と云ってあげられ無い私が少し憂鬱にさえ感じられる降ったり止んだりの曇り日です。
お隣の庭からは小雨にも関わらず、元気にプール遊びを楽しむ子供達の歓声が上がっています。
反対側お隣のカメール・ニャンちゃんは雨の時には我が家にお食事をしに出かけてくるのを控えているのでしょう。姿がありません。

昨日はクリスティーナとディヴィッドが連れ添って、ガード・キャンプでダンスと剣・銃回しの研修に出かけていきました。
高校生の頃の彼女のフロアパフォーマンスは華麗なものだと今でも沢山の人から聞くに及ぶのですが、あれから3年ぶりの初練習は、相当きついもののようでした。が、今朝の彼女のフェイスブックには『久しぶりの筋肉痛と体の傷が心地良いーーー』とありました。
スポーツに携わるのは精神的にも体力的にも力を与えてくれるものであり、大いに応援したいところです。メデタシ、メデタシ。

3人の孫達の行動ですが、シャーンはといえば、あと3日で、ゲインズビルにあるUF大学寮に越していくとあって、毎日のようにこの地の友人達との交流に忙しく、このところパーティーだ、昼食会だ、映画館だ、ビーチだと出歩いており、引っ込み思案の彼がこんなに沢山の友人達と交流があったのかと、今少し驚いてもいます。
大学進学前のスプリングブレークというのは全米の若者にとっては破天荒行動が出来る時期とされていますが、シャーンにとっての破天荒は危険性からは遠いと思われますので、せいぜい楽しんでくれィっ。メデタシ、メデタシ。(写真は多分シャーンには興味の無いだろうゲインズビル市にある植物園カナパハ。私は行って見たい。)

しかし、驚いたといえば、昨夜就寝前に携帯を充電しようかと見ると、何故かデジカメとぴったりくっついていて、剥がすとヤヤヤっ、さっきまで充電率95%だったのが真っ暗の充電ゼロで、オンしない。ナ、ナ、ナンダぁ?
デジカメの方はオンすると、「ハイハイっ、お呼びでござんすか?」と元気が良い。
さては、電力を吸い取られた?と携帯をコンセントに慌てて差し込むと、赤いライトがついたので、機体は大丈夫らしい。(今朝は元気に復活しました。)
古いデジカメはソニーのサイバーショットで、携帯の方もこれまたソニーのエクスペリアとあって、一緒に並べていたら、同社相憐れむというか、勝手にシンクロしたのでしょうね。
私個人が電気波体質(え?そんな体質ありましたっけ。)なので、「ありゃー、またもや失敗したかぁ?」と少し慌てましたデス。
何台PC、タブレット、電話を壊しゃいけないのォーと。
銀行のカードの磁気が受け取った日から駄目になるケースが多くて、もう何枚も造り直してもらったのですが、今はすっかり諦めて、買い物の際には前列の人達がさっさとカード買いをしているのに、私の番になると必ずと言っていいほどの確率で店員さんを惑わせる結果になってしまいます。それが面倒で、買い物の回数が大幅に減りましたから、これは誰か、何かの陰謀じゃぁないのか、、たとえば、無駄使いをさせまいと夫が気力を送っているとか、、、、。
でも結局PCなんかを買い換える羽目にあえば、それだけ出費があるんだから、夫の気力ではないね、これ。
今回のところは携帯電話は故障せず、メデタシ、メデタシであります。

1 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

なぜ?なのでしょう。何も持たれてないのに、空港の金属探知でいつも引っかかる人が居ると聞きます。
仮に静電気の悪戯としたら、静電気を逃がすグッズがあるはずです。素人なのでそれ以上は不明です。