8/07/2013

シーズン到来

夏日天候のビーチ混雑と共に、そしていよいよ夫が待ちかねていたNFLアメリカンフットボールのシーズンが来ました。
フロリダ州マイアミ・ドルフィンとテキサス州ダラス・カウボーイの第一回戦は家族期待はずれのドルフィンの惨敗で、残念な幕開けとなりましたが、ニューヨークから定休日帰省の息子ジョニーと、隣町アパートでママと暮らしている孫娘クリスティーナが夫ドンと一緒にゲーム観戦と云う事で、それはそれで楽しい夕べを過ごせたのだと満足の一日のようでした。
いつもは静まり返っている我が家も観戦日は応援の怒声やら、激励の歓声やらで、大賑わい。
しかし、ジョニーとクリスティーナは声はかなりデカイ。裏パテオの戸を開いて外での観戦なので、近所の人達も「Oh-ゲーム観戦パーティーだねェ」と聞こえていることでしょうが、 これから暫くの週末はフットボール観戦に全米の家庭が沸くシーズンですので何方からも苦情は出ないでしょうし、久しぶりにワイワイした賑わいの中に身をおくのが嬉しいものです。
例年だとゲームに向けてスナックやちょっとしたおつまみなどを用意するところですが、今年の私は安静状態を保つのが精一杯といったところがそれもちょっと残念ではありますが。

今月末には夏休みも終了し、高校ジュニア生(高1フレッシュマンは日本では中3ですね。高2のサースモア、高3のジュニアそして卒業生は高4でシニアと呼ばれます)になるディヴィッドは暫く休んでいたガードの部活にまた戻り、新入生の指導も兼ねて、また頑張って行こうと決心したようです。大学への飛び級は無しということで、進路については年明けには本格的に考えていくことかとおもわれます。
その時、その時でしか出来ないことが人生には多くあるはずです。
若いということはそれなりに悩み、つまずき、考え、成長していくものでしょう。精々、楽しんで生きてクレタマエ。


先日予告編で観た「レンタネコ」の映画をみました。
いいですね。こういうなんともゆったりした映画。
ゆったりと言えば、テレビ番組の「パンとスープとネコ日和」が何とも私の心を休ませてくれる気がします。
もっとも、ゆったり系とは云えない話題の「半沢直樹」も大好きな私ですが。笑