10/28/2013

ノーワンダー (当たり前)

No Wonderでアリマス。
授乳から、習い事から、進学説明会から、部活からと生活の全ての大半を通して育てた孫娘クリスティーナが今日で22才の誕生日を迎え、私自身もあれから22年もの年月を迎えたわけですものね、年取るのは早い訳ダ。
ま、元彼の他界後は色々あってこの間2年間程は音信不通になっていたのが、今年からまた家族として戻ってきた彼女です。明るくなって毎日を楽しんでいるのが今は何より嬉しい。
医者の卵(研修生)である現在の彼マークとは気長に将来を計画しているらしい。(写真はここ地元のハードロックカフェカジノレストラン)彼女には是が非でも幸せに生きて行ってほしいというのが私の切なる願いなのです。

No Wonderでアリマス。
今年度最後のディビッドのマーチングバンドパフォーマンスが上出来だったようです。
あれだけ熱心に練習したのだから好く出来て当たり前ちゃア当たり前と思うのは可哀想なくらいの頑張りの高校生達でした。
一昨日の最終演奏でディヴィッドは胸にデジカメを貼り付けて、演技者の目から見たパフォーマンスの様子を映写してフェイスブックに載せたのですが、それを含め友人が高い地点から撮ったビデオがよく撮れているのも何故かこのブログにリンクアップ不可です。(下の動画は以前にもユーチュウブからアップしたものかも) このマーチングバンドのシーズン活動終了後はウィンターガードの活動が始まります。 忙しい彼等。厳しい部活を夢中でやる彼等は青春真っ只中。


今日から一週間のヴァケーションを取っている夫ですが、今朝も何時もの時間になったら何時ものように出勤。
彼の課の新入生徒増加で教官も数名雇ったのが何やら大学側のシステムに組み込まれるのが遅れていて、もしかして夫も教壇に立たねばならないほどの不都合に陥っているらしい。(私にはよく解らない)
一緒にハロウィンのキャンデーを買いに行こうと思っていたけど、彼はちょこっと忙しくて駄目みたい。
この年で、ゆっくり出来ない彼の頭が真っ白なのは彼の生活ぶりではNo Wonderであります。
”そうか、そういうこと。
犬がこの家に飼われているのはこの為だったんだ。”

って、これも一つのノーワンダー?