12/30/2013

良いお年を

年の瀬もせまり、今日明日で2013年も終わりとなります。
私の周りでは年々時がスピードを増して過ぎていく、あっという間の12ヶ月で、入退院もあったりの気忙しさは逃れられないまでも、特に非のない無難で平凡な日々を過ごせ、精神的にはとても充実平安に恵まれた感謝の一年です。
日本の主婦の方々は今頃は御節の支度やら、年末年始の用意やらで、大忙しなのでしょうね。
亡母が大なべに設えた竹の子に、コンニャクや、シイタケやユリの根が盛り沢山の旨煮を何度も”味見”と称して、小皿に分け食べた頃が想われます。
「好きだからって、ユリ根ばかりを拾い食いしないでよね。見た目に均等が取れ無くなるでしょうッ。ほらニンジンばかりが目立ってる。」と叱られ、(当時はニンジン嫌いだった)それでもメゲズに大なべに向かう。
「お正月のお年玉は親戚を回って幾らほどになるのかなぁ~」なんてのが楽しみでほくそ笑んでいた。
伯父や叔母の家にお正月の挨拶と云いながら、お年玉を貰いに行く時が吹雪でバスが遅れませんようにと願いつつ。
テレビで芸人の方が言ってましたが、今の子供は「これ私の口座だからお年玉は銀行振り込みにしておいて」なんて云うって。
そんなのはお笑いの中の話でしょうが。

千羽鶴に糸通しをし始め、もうすぐ1セットが出来上がります。
でも、何故か次に進むのが面倒になってきています。
やり出したら、やり出したでまた軌道に乗るでしょうけれどね、多分。
息子ジョニーが40男なのにガンダムマニアという話を以前にもしましたが、今回は彼らしく自作のガンダムゲームカードを数枚作ってしまいました。
ラミネートして市販のプロ級の出来栄えに満足げです。
それほどガンダムに興味のないボーイズにもミニプラモデルをどっさりと並べて「ゲームしようよ。」迫る息子に『お前が子供かッ』と突っ込みたくもなります。
今はボーイズが大きくなったのでお休みですけれど、数年前にはスケートボードに嵌った時も自作でスケートボードやら倶楽部のユニフォームシャツやらを作り、専門店にも出品したりしたりで、スケートボード大会に参加したりの本当の”オタク人間”で、笑うしかありませんね。
女や薬や酒に溺れるでもない趣味ですから、まぁ、善しとしましょうか。

皆様どうか良いお年をお迎えください。
沢山の元気をいつもありがとうございます。
来年もどうか宜しくお付き合い下さいませ。