1/15/2014

スノーバード

雨の音で目覚めました。
ローカルニュースで今日から数日は寒波が南下して来るとの報道に、今朝はどの位低温になるかと思いきや今のところは摂氏18度です。
でも明日には一桁温度になるらしいと「パテオでの新聞読みは今のうちなのかもしれないな」と寒さにメッチャ弱い夫は今から心の準備をしています。笑
私を含め、多くのフロレディアン(フロリダ在住者)特に中年以上の女性は少し肌寒い天候を好む傾向にあるようです。
もっとも屋外での部活活動をする若者達にとっても低温天候が嬉しいらしい。 今が観光シーズンの此の地です。
海岸沿いのホテルやレンタルハウスはカナダや米北部州からのスノーバードとニックネームされる避寒者で賑わっているようです。
スノーバードと云えば、1970年代に人気のアンマレーの歌が好きでした。

貴方の小さな翼を広げて飛んでお行き。  
そして、貴方と一緒にあの日にどこからか来た雪を持ち帰って欲しい。 
私の愛はいつまでも実らないの。
だから、私が貴方と一緒に飛び去ることができたらいいのに。
 
川沿いに吹くそよ風が言っているよう、 彼は私のハートをまた破るだけかも。私は留まることを決めねばならない。 だから、小さなスノーバード、貴方が行くときに私を一緒に連れてって。穏やかな水が流れ、優しいそよ風のあの土地へ。 貴方の小さな翼を広げて飛んで行き、 そして、貴方と一緒にあの日にどこからか来た雪を持ち帰りに。私の愛はいつまでも実らないの。 
だから、私が貴方と一緒に飛び去ることができたらいいのに。 ええ、分っているのよ。私があなたと一緒に飛び去ることができたらいいのに。
  スノーバード

これ、失恋の歌だったのですね。意味も無く歌っていたなんて今頃思う私って馬鹿だなぁ。