3/31/2014

どうなる?

もーっ、さっきから何度も繰り返し書き直ししている。
慣れないスマホでの更新は思ったとおりに大変だ。
あまりにもスローでしかも目にストレスをかけてしまい、とうとう諦めてドンのラップトップを使用することにした。言語キーをEnglishに戻すのを忘れないようにしなければ、彼の困り顔が見えるようです。彼はたったこれくらいの変更も受け入れられないというか、四角四面の几帳面さんでありますからして、私のズボラな行動にイラッとくるのでしょう。端的に云えば、彼は融通が利かないのでアリマス。
今朝はどういった調子なのか良く解らないのですが、私のラップトップがグーグルのインターネットに接続しないのです。
今週は息子ジョニーは帰省しないので(復活祭の休日のせいで空席が無いようで)私のPCを治すのは来週になりそう。
映画や動画はタブレットで見ることが可能なのでラップトップの故障にはあまり動じてはいないのですが、せっかくタブレットにもキーパッドのシステムを接続したのに、私の頭の中は大きめなキーに慣れてしまっていて、機種が小さくなるとどうも不便で打ち難くてなりません。
って、私の頭もなかなか融通がきかないわけで、、、。

今日で3月も終わり、明日はエープリルフールデー。
なのにって特別気にしているわけではないのですが、明日はデイヴィッドとクリステーナがWGI(ワールドガードインターナショナル)の世界大会へ遠征旅行に出かけます。
2013年の総体性を発揮できる大事な大会ですので、二人ともとても張り切っているようです。デイヴィッドのフラナガン高校チームは夕刻の飛行機でネブラスカ州に行くのですが、成人部の金欠チームであるクリスティーナの方はバスを借切って出かけるようです。
現在クリステーナはレストランのウェイトレスをしながら週2で最寄の高校でカラーガード部のインストラクターをしており、それに加え、週2の事務秘書のバイトもしているので、なかなかの多忙ぶりにめったにこの家にもこられなくなっていたのが、このところアパートのオーナーの不当な対応を受けて大変らしくここしばらくはトラブルを避けて友人宅に身を寄せており、一緒にそのアパートに住みだした彼女のママとも巧く対策を練られぬまま、またもや冷戦状態になっているようです。
この大会が終わったら、アパートには戻らないそうで、この家にまた戻ってくる事になりそう。
ママの方はボーイフレンドとの同居を始めるとか。
孫クリスティーナは生まれてから18歳半までを私達の保護下にありましたので、いつも家族愛に欠けているような思いを抱えていての現実生活をママと1年間過ごしてみても、やはりちょっと無理があったのかもしれないと私には思えますが、彼女の今はもう成人ですからこの家に戻っても昔の私達家族とはまた違ったものを感じることでしょう。
でも、家族は減っていくより、増えていくのがいい。
おかえりなさい。この3年間で少しばかりは大人になったことでしょうしね。

0 件のコメント: