5/03/2014

無駄じゃない

見れば見るほど、これってイワユル地下足袋だよネ。
昔大工さんや職人さんが日常に履いて働いていたような、、、。今時はいないのかもしれませんが、私の知る時代では頭にハチマキ、蒼半天を着た建築現場のおっちゃん達もこんなの履いていたよ、確か。

シャーンが新しい運動靴が欲しいということで、スポーツ用品店の靴をみてきました。
彼は自分のコダワリがあって黒とグレイか白のナイキのスタイルが気に入っていて、そのスタイルばかりを探すこととなり、あれこれ試着していた間に私も軽いスポーツ靴をと思って見ていたら、”子供やお年寄りにも履き心地満点”と書かれているスポーツお洒落活動者用靴が目につき、ちょっと気になって、では私も試してみようかナと軽い気持ちで買ったというわけです。
パッと目にはちょっと違和感を感じたのは感じたのですが、何せ『足に優しい』のキャッチフレーズについ足の悪い私は、その言葉が大いに魅力に思えて買ってしまった。
しかしデス、う~ん、履き心地は何てこと無い、強いて例えると良くも悪くも小学校の運動会の時に履いた白足袋のような感じかなナ。
今の子供達は普通のスニーカーか運動靴でしょうが、昔その頃では運動会は履き口にゴムの入った親指付きの白い足袋が使用されていましたよ。
この運動靴の材質は良いし軽量ではあるけれど、これで70ドルってのはやはり高い気がする。だって、なんせバッチリと地下足袋なんだもンネ。
「グランマもこれ履くのォ?私も持ってるよ、ピンクの。フットグラヴっていうんだよ。私のは指付きじゃないけど。」とクリスティーナが何故か大笑い。
英語でフットは足、グラヴは袋、直訳したって(足袋・タビ)じゃないのサ。
じゃあ、何故に同じ材質軽量のスポーツ靴でも指付きでない普通の靴の形のもフットグラヴと呼ぶの?
それは軍手靴かソックスでも良かったんじゃないの - と私のシンプルな疑問は更に深まるのでアリマシタ。
いつものように無駄な考え休みに似たり~~~でアリマス。
**********************

野菜やフルーツでいろいろ楽しくやっておられる方がどこにでもいるようです。
毎日のように何らかの楽しい作品が目に留まります。
食べ物で遊んじゃ駄目だよ!と云われても面白いから仕方ない。
野菜の飾りは後で食べるようにしましょうね。まず、写真を撮ってから。パチリってところでしょうか。
プロの料理人はこんな事までやっちゃう。でもこれらは職人さんの仕事の一環でつくったのでしょうから、十二分にもその作品用途は多くの人々に喜ばれている価値のあるものですから、無駄とは決して云えませんね。

***************************

0 件のコメント: