5/09/2014

無理

私も就寝前に読書する事が多いのですが、「寝る為の本」ってこういう事じゃあ無いと思うけどナ、、。
あるサイトに本を重ねてベッドボードにしたのが載ってました。
この上で寝たら色々なストーリーの夢が見られるとは限らないのじゃない、だってもしかして本に押し潰される夢なんか見ちゃったりして。
私は昔の人なので、「本を踏んだり、台の代わりに使うなんてもってのほか」と思っている一人ですから本を手にとって読む以外での扱いは簡単には出来ない。亡母がよく言っていたものだ。『本を粗末に扱ったり、踏んだりしたら足が曲がる』って、本の上で寝たら体全部が曲がるかも、、、。怖ッ

しかしながら読み終えた本や雑誌を他の工夫で楽しむ分には、これもアリでしょう。楽しく読んだ後の本類も更に目と体とで楽しめるものとアート化するわけですからこれも芸術の一つとしましょうよ。色々な意味にも物資の再利用が活かされる工夫は面白いものね。
でも、でも、私は本の側に寝ることは出来ても、重ね本の上では悪夢を見るに違いない。
************************

来日曜日が母の日という事で、色々なプレゼント用品の宣伝広告が届きます。
上は「ママに作ろう、フルーツのお花」とスーパーの果物コーナの宣伝文句が書かれていたものです。
子供からこれをもらったママはこれらフルーツを食べることなく、やはり飾って楽しむに違いない。食べるより見ていて楽しいもの。
ママに作ろうったって、それなりの美意識とテクニックが必要だろうし、材料費もかかるだろうから、低学年の子供たちには到底無理だね。
ウチの子等にしても、こんな手の込んだプレゼントは考えもしないでしょうしネ。期待しても無理。

***********************
家から海まではそう遠くないけれど、昨日のシャーンは友人達とドン勤務先大学海洋課がある湖公園でのボート遊びに出かけました。
若者が楽しそうにやっている姿を見ると何だか私まで元気が出てきそうで嬉しい。太陽の下で思いっきり楽しむ若者達の心に邪念無し。いいよねぇ。
私の時代ではボート遊びなんて富裕層のお坊ちゃんがするものでしたが、今はお手軽な若者のレクレーションといったところでしょうかね。
この大学施設では学生達に無料でヨット体験やボード等の貸し出しをしているようだ。
頭の中まで日焼けしそうな遊び三昧では困るけど、適度の屋外での運動は大いにヨロシイ。特にシャーンは日永コンピューターゲームをしている事もあるものね。

高校生のデイヴィッドは今日が大学選考試験日らしい。
当人は「余裕だ」なんて云ってたけど、ホントかいナ。
*************************



0 件のコメント: