7/10/2014

台風

今年は嵐が多い年となりそうです。
先日こちらでは今シーズン初めてのハリケーン・アーサーの大雨で他州では家屋が被害にあったようですが、日本では台風8号が本州南部に多くの土砂災害を及ぼしたとのニュースをみました。

フロリダ州は昔は海底にあった地盤に貝殻や土砂が沈殿して出来た地域として、州全体に山という突起地がありません。(Flat as Pancakeパンケーキのようななだらかな平地)
海抜より低い土地も多く、ちょっと掘ると地下水や海水が出るといった状態で、少々の雨の日には床下浸水の被害があちらこちらで出るといった具合であり、火山脈というものが無いことから地震の被害は考えられないとしても、とにかく地盤が弱い土地柄であり、ハリケーンの時期は自然と警戒心を強く持って毎日を暮らすという事になります。

この科学の時代でさえ自然が成せる悪天候には昔ながらの神頼みしかない人間の性というものなのでしょうか。

*********************

ウチの中にも台風が、、。
言わずと知れた我が家のニャントリオであります。
朝からガッタン、ゴットンと何かをひっくり返しながら、走り回ります。
カーペットやシーツを引っ掻き、家具の裏に回り何かにジャレ、カーテンをパタパタさせ、顔を見せるとゴロゴロと喉を鳴らしながらお腹をおお広げにし、部屋から部屋へすさまじいばかりに飛び回る。写真や動画を撮ろうにもすぐカメラスクリーンから消え去る素早さだ。
そこで毎日似たような寝姿の写真が増える結果に。

今朝はフレンチブレッドがキチンテーブルに置いてあったのを袋ごと噛みきって、食べじゃれでいたトリオを「おりゃァ!駄目なのダァ!!バカモン!!!」と叱りつけたが、トリオの涼しい顔。
目が「ニャンデ?ニャンデ駄目なの?」と言っている。
「ニャンデモ駄目なものは、駄目なのッ!!と私。
年相応の動物本能のみで行動する彼等のちっちゃな脳では私の忠告の意味を解せないのも無理ないか。
少しずつ学習と言うことを身につけることでしょうからね。
それまでは、「こらァ~ッ。シューッ!!ゲットダウン!!!ムーヴアウェイ!!!」といい続けることになるんでしょうね。
ニャントリオには私の存在は4匹目のトトロニャンとしてしか思ってないのだろうな。
このトトロニャンは毎日を少し疲れ気味で暮らしている事は彼等は充分知っているに違いない。
*****************

0 件のコメント: