8/27/2014

まだ子猫

これでもまだ子猫なの?と思われるほど成長の途にあるニャントリオ。
特に♂猫のキオニは長ーく、イカイカは丸ーく大きくなってその仕草も子猫の不器用な動きを脱し今や身軽なジャンプ力ある猫特有動作になってきている。
時折階下でテレビを見ていたりしていると、2階で3匹のタックル遊びに余念の無いドドーッ、バタバター&ドタンバタンと暴れ走る音が凄い。

就寝前の昨夜もベッドで読書している私の上を3匹が駆け抜けては部屋から部屋を追いかけっこしては、廊下や床やでドタンバタンの大騒ぎを繰り広げていた。
追いかけっこの途中でそれぞれがシーツを引っ張ったり、物を倒したり、紙袋などに噛み付いたりの興奮ぶりで余りにも騒がしかったので、「こりゃァ!ウルサイッ!!」と3匹を私の寝室から締め出した。
その後、ミャ~ンとか声を出したり、ドアをカリカリとやってみたりの甘え戦略に出たトリオだが、私は知らん振りを決めた。
朝に寝室のドアを開くと3匹が待ってましたとばかりに走り寄って来て、それぞれに甘えた仕草をして「まだ怒ってる?何も悪い事してないもん」と訴えて私の顔を伺っている。
心の中では「ははは、可愛いやつ」と思いながらも「大暴れはイカンョ」と一応苦い顔をして見せた。
ちょっぴりしおらしい顔をしつつ朝食を済ませた3匹は、、また今は階段を昇り降りして走り回り大騒ぎ中。まだまだ子猫だネ。

*****************

ユーチューブにボストンクルセーダーのパフォーマンスの動画がアップになっていたので、ご紹介します。(後日この動画の共有取り消しを受ける可能性がありますので、もし動画を御覧になれない場合も想定されますので悪しからず)
チーム全体の各部の採点の総合値で勝敗がなされるので、全員の個々が緊張感をもってベストを出し、且つ総合一体感を感じさせられるよう必死な練習努力が詰まれているのが伺えます。
個人競技に強い各自なのでしょうが、その個々が団体競技として一体化を計るのは大変な事に違いありませんね。

会場にてメンバー視点からのパフォーマンスの様子
 

テネシー州ナッシュビルでの大会 7月24日2014
*****************

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

兄弟猫3匹でしょう。飼われていて、そんな好環境は滅多にないです。
傍若無人ぶりをご家族ともども温かく見守っておられます。我が家でも親子4匹の犬の時がありましたが。

Noriko Blalack さんのコメント...

毎日を散々暴れて、食べて寝てといった3匹を見ていると叱り怒っても、またすぐに笑いが続くので、これで結構私の精神衛生上には大役を果たしているに違いありませんね。
ワンも可愛くて大好きな私ですが、この3匹で手一杯の活躍を繰り広げてくれているので、よそ様のワンの写真や動画でワンを飼ったつもりで楽しんでいます。笑