9/22/2014

弁当持参自我自賛

愛妻弁当を持って出勤したいという切実な要望と云う事では決して無く、まァ、極貧生活をちょっとは抜け出た今でさえも、その貧困生活節約癖という呪縛から抜けられない夫ドンは殆ど毎日のようにランチを持参する。
そんな彼であるから、毎日同じサンドウィッチでも文句は無いのだが、最近は偏りすぎるんじゃないかと思うほど毎日同じメニューである。
ターキー、サラミ、ハム、アメリカンチーズのスライス、レタス、玉葱薄切り、トマトスライスをマスタードでパンに挟んだサンドウィッチと細めの青ねぎ2,3本、バナナ一本、それにポテトチップの小袋、黒オリーブのオイル漬け8粒程、これら定番の品々を最寄スーパーのビニール袋に入れて持ち歩くので何処かのおっさんのスーパーからの買い物帰りの姿だ。
今は大学教授達もスーツとネクタイでなくとも良い規則になっているので、キャンパス内ではこのようなおっさん姿があちらこちらに見られる。
見てくれはどうあれ、弁当を作る側としては毎日同じもので済むのだから楽ではある。
それでも「今日は会議会場でランチョンなので、ランチを作ってくれなくてもいいよ。」と云われる日は何だかすっごく楽チンが出来たとほくそ笑む私は悪妻なノダ。しかし私くらい彼の極貧時代僻を理解している女は他には居まいと内心では自負している。そうなのだよ、皆さん。
いい女ぶらないのが、私がいい女である事の証明だわサ。自我自賛なり~。(誰も褒めてくれないから自分だけは慰めてあげたい。)
***********************

昨日は一日中ドンとジョニーが大騒ぎのアメフト観戦だったので、私は2階寝室に予備PCを設えて独り動画でも見ようとしたのだが、そのDell社のPCはパネルタッチ画面ではある最新型にしては安売りの品なので、画面の色調がなんとも宜しくない。
毎日使っている自分のPC画面に慣れている私にはとても視ずらいもので、視力感覚に異変が起きそうで、タブレット使用に切り替えた。
階下では「シッカリしろーッ!」の罵声やら「ヘイ、タッチダウンだァ~~」などの歓声が喧しい。(結局ひいきのマイアミ・ドルフィンは負けゲームだったらしい。)
簡単にピッグ・イン・ア・ブランケット(ミニソーセージのクロワッサン巻き)と野菜ステックをスナックに作っておいた。

*****************

ちょっとおちょぼ口にし過ぎちゃったけど、アシュリーがハローと云ったらこんな感じ。

一昨夜の朝3時頃、ヤンチャのキオニが私の寝室にある化粧台敷きを引っ張って台に置いてある香水やら、小箱やら、ブラッシやらをガッチャーンと落として起こされた。
ちょっとだけ音を出して私を起こそうと思ったのが、自分でも驚く程の音を出してしまいバツが悪くて暫くは隠れていて、さすがイカイカとアシュリーも何事に成るかと心配なのか、私が様子を見に来るのを低姿勢で伺っていて、キオニは暫くは私から距離をおいていたようだ。
無言で階下へ行き新しい猫缶と水とを取替え、トリオを私の寝室から出したのだが、ニャン達は私の無言に相当動揺してる様子で餌が喉に通らない様子。
笑っちゃうねェ、一応反省してるんだ。
化粧鏡皿が落ちた時に頭をぶっつけたのかもしれない。暗闇の中で大きな音を出す何かモンスターにやられたと思ってるのかな。
昨日一日キオニは私の顔を見ては「ミャ~ン。ニャーン。」と何やら訴えている。「何かボクひっぱたらスゴーィ事になっちゃったの。」とでも云っているのかな。
以来キオニは2階寝室にやって来ることをしないのは彼が大きな体にしてはなかなかの小心者であるのを語っているね。ははは、、。

***********************

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

サンドイッチとおにぎりは違っても、気持ち的には似た部分もあるのかなと思います。
お弁当、ご持参なのですね。
あれこれ考えなくても良いのは、ご主人様も助かられるでしょう。

Noriko Blalack さんのコメント...

Kazuyooさん、
もう45年半の間柄の相棒ですからお互い悪い事も見てみぬ振りが出来るようになったのでしょうね。
きっちり人間には私のようなズボラがそこそこの相性を保ってくれて生活がなりたっているようです。
ある意味では似たもの同士と言う事もあったりで、、人間関係はとかく忍耐と諦めも寛容でもありますね。