10/12/2014

なんか、、ね

ここのチラシ寿司はどんなのかしらと最寄和食店の「みかん」に再度出かけました。
メニューの他に当日の特別メニューのボードに「ウニイクラ丼」とありましたので、チラシが急遽ウニイクラ丼に早代わり。
イクラの軍艦巻きは他のレストランでも見かけますが、ウニはあまり見かける機会がないので、早速久しぶりのウニを味わいたいと期待してオーダーしました。
見栄えはまあ、まあといったところで、お味はいかがなものかと箸をつけてしまってから、あ、写真を撮るのだったと思い出して、そこでパチリ。
時価値として22ドルとある。
「ウニイクラ丼をオーダーしたという事は貴女は本当の日本人ですね。」とウェイトレスの一人がにこやかに話しかけてきた。
「また来て下さったのですね。ありがとうございます。」と店の人達が声をかけて来る。皆がとてもフレンドリーだ。
で、その日の料理のお味のほうは、、。
やはり数年前に函館の市場で食したのとは味も新鮮さもずっーと下であるのはこのマイアミ近郊ではしょうがないとしても、イクラは瓶かパッケージの中でしばらく出番を待っていたかの様子がうかがえる様な少しくたびれぎみであるし、ウニは小ぶりで色も薄く、全体にふわっとしていない。
ズームインして写真をとったけれど、実物の量も小丼といった感じで、あまり大食い出来ない私でも完食出来たのが返って、それで良かったのかもしれない。
タコの薄切り酢仕立てを前菜として頂いた。ドンのビールには良いお供であったらしい。
徳島出身のご主人が徳島に一番似た気候のこの地ペンブルックパインズ市を選んで今年開店したばかりの和食レストラン。
じゃあ、徳島店の料理も味もこんな感じなのかしら。
北海道出身の私には少々緩い感じでキリッとした旨みを見出すのには「なんか、、ね」であるのだが。

またのご来店をお待ちしていますとの言葉を後に聞きながら、他の料理の味も少しは想像できる感じはあるものの、次はやはりチラシ寿司を試してみようと思いながら店を出た。
**********************

今年のハロウィンは子供達は友人宅でパーテーをするらしい。
もう仮装をしてキャンデー集めに夢中になった時期はとうに卒業しているし、もっと大人が楽しむようなロックな仮装パーテーでもするのだろう。
さて、ニャントリオには初めてのハロウィン。
仮装の子供達にどんな反応をしめすのだろう。
何事にも興味深々のニャントリオだけれど、夜の闇の音にはめっきり弱腰なのに違いない。

*********************

今週末はNYでコミックコン(漫画の祭典)で開催されるとかで、ガンダムオタクのジョニーはマイアミには来週末まで帰省しないのだそうだ。
その彼の質問で「YOSHIKIという日本のミュージシャンを知ってる?」と急に聞いてきた。
私は芸能人には左程興味は無いので日本の有名人を多くは知らないが、Yoshikiの名は無論知っていると答えると、「友達の妹がYoshikiのガールフレンドなんだって、ちょっと心配していたから。その妹がこのニューヨークコミックコンに参加出演するYoshikiに同伴するんだって」とのこと。ホントかいな。
フーン、でも私はそんなゴシップはどうだって構わない。
なんか、、ね。
**********************

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

最高の鮮度と美味しさの北海道産では無いようなのが残念ですが、今迄話題にならなかったのですから、出会われる機会が無かったのでしょう。まずまずのようで、良かったですね。

Noriko Blalack さんのコメント...

Kazuyooさん、
そうですね、こちらの和食レストランは殆どが韓国人、中国人かジャマイカ人が経営しているので、やっと日本のシェフにめぐり合えただけでも感謝しなくてはなりませんよね。
生物はちょっと考え物かもしれませんが、きっと麺類は本場の味を出している事でしょうから。
若い頃だと洋食好きであった私もこの年代になるとやはり和食が恋しくてなりません。