10/28/2014

場違い

Kristinaの誕生日ケーキを買いに出た私達、丁度昼食時なので例の和食レストラン「みかん」でお弁当定食でもと立ち寄ったのだが、生憎にも月曜日は夕食のみで日中は閉店であった。

しからば、その道路向かいに小さなメキシコ料理店がオープンしたらしいと聞き急遽そちらの方に。
「ラテン・フラット」との看板が掲げてあるネオンの戸を開けて中に入ると、直ぐに私達夫婦には場違いであると気が付いた。
陽気なポップミュージックをバックに、壁一面に色鮮やかに塗り繰られたモンスターかヒーローらしき画像と洋酒バーらしきカウンターでメニューから注文を入れる形式で、ウチの孫達が喜びそうな若者っぽい雰囲気にカジュアル短パンの溌剌としたウェイトレスが動き回っている。
子供連れの家族らしき客もあって、いわゆるカジュアルでホーミーな店である事がせめての救いだ。
私はセレブ人間が出入りする高級店を好む事は決して無いし、家庭料理や居酒屋料理のような普通にB級レストランのファンではあるが、手抜きかオートメかマニュアルすぎるファーストフード的な店をもまた好む事は無い。
要するに、高級過ぎても、庶民的すぎても自分が心休まる食事の場とは云えない店は根本的に嫌い。
今日のところは入ってしまったからにはそのまま出るわけにもいかず、私はマヒのタコスサラダを、ドンはチキンエンチラダをオーダーした。
そのお味は?と聞きますか、やはりね。
うーん、普通。良くも悪くもド普通。
レタスなんかウチの冷蔵庫に数日開け放しになっていたパッケージの変色野菜みたいで、安かろう-悪かろうのたぐいだった。

残念、今日も“チラシ寿司”食べ損ねた。

******************

今日は私の定期健診の日らしい。
らしい、というくらいすっかり忘れていたので、いつもだと予約をすっぽかしていただろうが、休暇中の夫が送り迎えをしてくれるので、すっぽかしは出来なくなってしまった。
今日もどうせへタッピーナースの採血は無理だろうから、採血専門所にも連れて行ってくれるそうだ。
体調がイマイチなのは加齢によるもので、特別に病気をしているわけでは無いと自分では信じている。
医療関係の書物を斜め読みしたり、医療バラェティ番組を見たりした時だけは、ふむふむ、なるほど、そういうわけかなどと興味を持って自分の体の再検をし、健康体であるようにと心がけるのだが、芯がズボラなのではせっかくの心がけも長続きしない。
具合が悪くなる度に心がけが良くなかった事を毒ずいて、「自業自得、やってろッてェの。」と、いわゆる身勝手人間でありますル。
昨夜のローカルニュースで「チョコレートやコーヒーは取り過ぎない限りは体に善いとのことです」なんてわざとらしく言っていたけど、知ってるっツーの。
次回はもっと科学的にデーターを示して説明してくらハイ。
ありきたりの害の無い、どうでもいい話は時間を埋める行動としても面白くもなんとも無い。(と、私は思うんだけどね)

左はキャンディケーンカラーという花。
カラリリーの仲間なのでしょう。
クリスマスがやってくるのにかけてこの花の写真が載せられていました。
長さでキャンデイケーンにみえるけれど、こんな赤白ねじりのミントの飴もありますよね。





******************



0 件のコメント: