10/07/2014

タヌキじゃないもんネ

散々暴れ遊び疲れて爆睡のキオニとイカイカを見ると思わず「デカニャンだね~、タヌキみたい。」と可笑しくて写真を撮ってると「え?誰がタヌキさァ」とイカイカが薄目を開けた。
やっぱり♂2匹が身を寄せ合って寝るのは窮屈と思ったものか場所を移動。
暑いこの地の事なので、モサモサ毛の3匹(♀アシュリーは日本猫のような毛並みだが)が固まって一緒に寝ている事は少ない。
これが寒い地のニャンなのなら3匹で一緒に丸くなっているのだろうね。
今朝は庭鉢のプリメリアの木の側に落ちた枯葉が風でカサカサ動くのが面白いらしく、枯葉を私の所に持ってくるのは誰が一番先なのかを競って走り回っていて「家の中に持ってこないでいいからネェ~~」という私の声にはお構いなし。
イカイカがいち早く私の足元に大きめな枯葉を置くと、後ろに続いたキオニは悔しくてならないように枯葉の側に座り込んで「これ、オイラが先に見つけたんだよ。横取りされちゃったァ」とばかりに自分を主張しているようだ。(私が窓越しに見ていた時は確かにキオニがその枯葉で遊んでいた)
私がその枯葉を手に取ると、自分達の仕草に満足してか興奮気味に追いかけごっこが始まった。暫くドタンバタンを繰り返し、その後いつものように疲れて写真のような爆睡になったわけである。天下泰平のニャントリオである。

*************************
今はパートの仕事を二つ持つ孫娘クリスティーナだが、このところまた中途退学した大学に戻りたいという希望を捨てきれずにいるらしく、将来の行くへを大いに悩んでいるようだ。
自分の強い考えで結婚のプロポーズを断ったのだろうが、自責の念も強く、先日は大泣きしていて、その後友人宅へ行ったっきり外泊で家を開けたいたのが気がかりであった。
そんな彼女が昨夜遅くバラの花束を抱えて、帰宅した。
顔色がちょっと気になるが、友人達に励まされたのだろう、すこぶる元気を取り戻しているらしい。
大人になった彼女を唯見守る事しか出来ない私達夫婦だが、多分この先も大丈夫。彼女は独りで将来の事を見極めていく事だろうと信じる他ない。
何歳になっても彼女は私達家族にとっては愛するプリンセスなのだから。

引っ込み思案気味のシャーンがて州内に進学したいと州有名校の一つであるフロリダ大学に入学したのは解かるのだが、冒険好きで少々破天荒なところがあるクリステーナとデイヴィッドが他州の有名校に進学したいと最初の頃は口を揃えたように云っていたのが、これまた二人が同様に家からそう遠くない地元の大学に進学校の話を進めているというのが、何とも不可解でもある。
いよいよ一番末のデイヴィッドが来年には大学生になるのだから、私達夫婦の保護者としての責任も終盤を迎える事に一抹の寂しさがあるというのは本心でもあるので、孫達が皆近くにいる事は嬉しいと思わないでもない。
ふと、側で何やら書き物をしていた彼の私服のT-シャツに2014年の卒業生と書かれている。
どうやら、州内の大学の2校に願書を送信したようだ。
願書提出費用が一校31ドルなんですって。

***********************
追加訂正のお知らせ:
息子ジョニーからフェイスブックの方に私の上記の文に訂正の連絡があった。
デイヴィッドは来春高校卒業なので彼はClass of 2015であって、私のイラストと文に間違いがあるんだって。
あ、そうだね、デイヴィッドは来春の卒業生と云う事はClass of 2015だ。
彼のT-シャツのデザインは昨年卒業した女友達がくれたものだったからだと、今思い出した。
このシャツを着て願書を書いていたという事は彼女がその大学に入ったので、単にゲン担ぎだったのだろうか。ふーむ。

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

長い毛の子たちなのですね。フサフサな子は可愛いですが、私には無理、チエ♀は短毛です。
涼しくなってきたので、毛が浮いてきています。暑くなるときは大量の毛が抜けて、短くても大変でした。毛は密ですから。
お子さんたちはご自身の足で歩かれてる、サポートは勿論なさってますが、頼もしい限りです。
明るい未来でありますように。どの国も厳しい現実もありますから。

Noriko Blalack さんのコメント...

Kazuyooさん、
まだ育ち途中なのか、今の所は抜け毛は少ないようですが、散々暴れた後には床にくもの巣のようなフワフワした綿ゴミ状の毛がみられるようになってきており、これからが抜け毛が大変になってくるのだろうなァと少なからず案じてはいます。毛の処理は私のちょっと頭の痛い課題です。