10/13/2014

May the angels watch over

プール自体がガバッと浮き上がる事はなかったけれど、今朝起きるとプールの水はすっかり消えていた。
ひぇ~~ッ、どこに何トンもの水は染み沈んでしまったものやら、家の周りには何の変わりも起きていないのが、、、怖いよ~。
ニャントリオが初めて見るプール底を眺めては「あれっ、いつもと違う。どうしちゃったの」という顔をしている。
早く業者さんを呼んでしらべてもらわなくっちゃァ。
この家は何もかもがポンコツなのだ。でも、今まで雨風がしのげた事には感謝せねばですけれど。
May the angels watch over us
******************
昨夜遅くにクリステーナのポークなんちゃらの料理が完成して家族で楽しんだらしいが、私は夜にがっつりと食べるのが苦手なので、今朝それを頂く事にした。
Hmmmm,なかなかお味はヨロシイようで、ポーク嫌いのデイヴィッドまでが美味しく頂いた様子が伺える。
ポットから残りをタッパーに移しておいて、また夕食に何かと一緒に添えましょうか。
でも、コーンブレッドはあんなに沢山作っても半分も食べ切れない。
滅多に残り物を再三食べるという事をしないので、無駄になっちゃうかも。

それにしても、クリステーナの料理はドンの田舎料理とよく似ている。
ちょっと良いとこのお坊ちゃんの元彼とはさすが、嗜好が合わなかっただろうなァと、ふと思った。
今でも相思相愛ながら、別れる事を決めたのには、そんな、こんなが原因の一つでもあったのだろう
シルバースプーンを咥えて産まれ、順調に今までを安穏と暮らしてきた彼と、極貧からやっと今に這い上がったグランパの生活への厳しさを尊念する誇り高い彼女では、その生き方や思考に大きなギャップの様なものがあったに違いない。
もう今は母親代わりご免の私である。彼女個人というのを尊重してあげようと決めた。
**********************

4 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

素晴らしいグランマです。お孫さんたちが立派に成人されたら、彼らの自立を陰から支えようとなさってるでしょう。日本ではどうなのかなと思います。親がいても、子供が祖父母に依存してる場合もあると思います。心身ともに独り立ちはなかなかではと、自分に比して思います。

ちえこ さんのコメント...

オンボロな家はこちらも負けません。
姑が一人で住んでいて、残されたネコのために築60年+40年のつぎはぎの家に仕方無く住んでいます。
でも、プールなどある豪邸ではありませんのでその辺の修理代は必要ないので助かりますが(^ ^;)

タヌキと言えば、ごくうもタヌキのようなアライグマのような、およそ猫とは思えない風貌でした(^ ^;)
そこがまた可愛かったのでもありますが(*^。^*)

Noriko Blalack さんのコメント...

Kazuyooさん、
いえ、私はどちらかと言えばあまりしっかりした親代理ではありませんでしたので、やはり孫3人ともそれぞれが反抗期のようなものがある時期には本当にへきへきしました。
ドンの協力無しには到底やってこれたとは思われません。
ありきたりのようで、やはり普通家族としては通用しない家族形成のようです。このような家庭に育っても本質的に生まれ出たきた子供達に罪はありません。反面教師ですね。              

Noriko Blalack さんのコメント...

ちえこさん、
豪邸なんてとんでもない。普通の普通、ポンコツもポンコツの家です。
それでもここに一番長居をしています。
ここまで来られた事で満足の生活と思わねばもっと厳しい天罰を受けるかもしれません。
今は本当の意味のあるがままの生活を暮らしていますよ。
時には私も人の子、もっと贅沢をしたいとも思ったりしますがね、それは来世の話に大事に取っておくにします。笑
(もし、来世があっても、うんと悪い環境に生れ落ちる可能性も全く無いとは云えないのが残念ではありますが、それはそれで対処するでしょうしね。)←馬鹿な私です。