1/26/2015

好天気!

今日の外気は少々寒いのだけれど、太陽が燦々の青空に雲の一点も無い好天気だ。
一方は大陸、三方を海に囲まれているこのフロリダ州で、このように空に雲が一点も見当たらない日は珍しい。
Donは今朝は風が冷たいと、パテォではなくて、車庫の中に椅子を持ち出して新聞を読んでいる。
近所の子供が半ズボン、ノースリーブ姿でバスケットボールに興じているのが見える。寒さ知らずである。子供は風の子だものね。
もっとも今朝NYから戻ってきたJohnnieは「ここは夏の天気だねェNYは大雪だったけれど」といっているから、北国の住人達にはこの天候はやはりパラダイス天候なのだろう。
海岸沿いでは沢山のカナダ人やヨーロッパからの観光客が水着で日光浴を楽しんでいるようだしね。
寒いので膝が痛む私はすっかりこのフロリダ天候になれてしまったのだなァ、道産子だっていうのに、雪国の寒さをすっかり忘れてしまってるのかもしれない。

(写真左からIkaika, Kioni&Ashley -ヒゲ長のボンヤリ顔がイカイカ、ちょっと厳つい顔の大尻尾がキオニ、カメニャン似のチビにゃんがアシュリー)
外(パテォ)で遊んでいたニャントリオが『ワッ、ワーッ』とばかりに家に書け戻ったのは、いつものお仲間アヒルとは違った大きな鳥がさーっと裏庭を横切って飛んでいったかららしい。
体は大きいが、音にはとても敏感で、来客でもあろうものなら、大慌てで2階のベッドの下などに隠れにひた走りをする。
一番気持ちが座っているのはチビちゃんの♀猫Ashleyなのが、人間と同じに男より女が精神的には気丈なのだろうか。

気象予報では明日も、この一週間は肌寒い日が続きそうだ。
ウチのニャントリオは雪が振るほどの寒い天候を経験していないし、これからも体験できる事はないかもしれないので、今のこの天候は彼等にとっては毛皮コートには快適なのだろう。少々の肌寒さは嬉しいらしく、犬のように元気になる。幸せなヤツラだ。

0 件のコメント: