3/15/2015

BBQ

昨日は外が夏のような好天気なので、久しぶりにパテォでBBQを焼く事に。
あっという間に火力がついたので早い夕飯となり、孫達はでかけていて、夫婦と息子のみの食事は静かなものでした。
せっかくのステーキもコーンも沢山余ってしまい、朝食にステーキ&エッグを食べたのですが、今晩も肉類を他の料理に再使用です。
外が暑く湿気も多いので木陰を見つけては横になっていたニャントリオは今は家の中に入ってきて何時もの追いかけっこをしています。
中でもキオニは家に入ってくるなり「ニャ~ォ、ニャンニャン」とか私に文句らしき言葉を投げかけ、その後側の爪とぎ箱をひっくり返して遊びだして何やら私の気を引こうとしているかのようです。
側で見ていたアシュリーもキオニの手足と尻尾が出た箱が面白くってちょっかいをだしています。
箱を縦にしたり、ひっくり返したり、床滑りを散々やって成すすべが無くて飽きたのでしょう又パテォに出て行ったようです。
ウチのニャントリオばかりなのでしょうかね、『何かする事がないかしらね~~、退屈だよ~~、遊んでってばァ~~』と煩くするのは。
多分猫も犬も人間に構ってもらいたくて、こんなふうに我儘というか甘えっこなんでしょうね。(それがまた可愛いいけれどね、ちょっと面倒くさい)


昨夜息子がレコーデングしておいてくれたテレビ番組シリーズ「べイツ・モテル」のシーズン1を見終えた。
巨匠アルフレッド・ヒチコックの有名な映画「サイコ」の書き下ろしで、あのべイツ・モテルを再建する高校生のノーマンとその母親ノーマの田舎に新天地を求めて移住する時から話は展開する。
1960年代のオリジナルのものからは時代的にアップデートされたストーリーで、当時には考えられなかった高校生のノーマンがスマホを使ってアレコレして今風なのが面白い。
話の内容もノーマン親子の精神的な異常性の原因だとか、街ぐるみの大麻犯罪グループと中国人女性の大掛かりな売春婦ギャング団とかが微妙に絡み合って話が縁りスリリングに進んでいくのがシリーズの展開としてもちいられているのも見所だ。
今年の夏にはシーズン3を向かえるのだが、私は今週中にシーズン2を見終える予定だ。(1シーズンは10話毎)

0 件のコメント: