4/05/2015

イースター日和

今日が復活祭である事をすっかり忘れていた私達を不届き者と云われますか。
子供達が小さい頃はこの日のイースター玉子狩りとピクニックの年中行事が楽しみの一つとして前日からエッグペイントやら春を知らせる小物とチョコレートやクッキーのプレゼントの準備に大童していたものでした。
政府関係者や学校は金曜日がGood Fridayという祭日で日曜の復活祭までが3連休であり、幼児や低学年の子供がいる家庭では、楽しいエヴェントがあるこの日を玉子拾い用の可愛いバスケットを用意して玉子の色付けをしたりしてワクワクとスタンドバイしている事でしょう。
今日はお天気が良いのでキリスト教信者の方たちはきっと清清しい早朝礼拝が出来た事でしょうね。
信者も信者で無い人々もこの行事を楽しむべきピクニック会場となる最寄の公園は大勢でにぎわっているに違いありません。
通常各家庭では感謝祭に七面鳥、クリスマスに七面鳥かハム、アイリッシュのお祭りのセンとパトリック・デーにはコーンビーフ、そして復活祭には玉子料理の他にハムを料理する習慣があります。
長いお付き合いのお仲間には当然知れ渡っている事と思いますが、我が家の年中行事のデナーは夫のDonが毎年料理をします。
それで、当然の事のように今日も彼がハムを焼いてくれる事となっています。


外のアヒル達(いつもの白黒の体に赤顔で醜い子等)にHappy Easterと言ってパン屑を与えて家にもどると息子がゴルフ場にいる一団の渡り鳥をみてスクリーン越しに「チッ、チッ、おいで~」と呼ぶとその一団のママらしいグワッグワッの号令の元に裏庭までやって来た。
パン屑を撒くと足元までやって来た。見慣れない綺麗な羽をしている茶褐色の鳥である。ここらにいるアヒルとは違った種類なのだろう。
何だかイースターに最適な事をした気分。
家に戻るとニャントリオが『なによ、自分だけ楽しんじゃってサ』と不満顔をしてプイと私をよけるのが、おかしくて笑っちゃった。
春だ、確かに。


1 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

春のお祝いですね。ロシアの悲報になってるイースターエッグ、テレビで何度か見ました。
手近に楽しめてこそです。ご主人様のお料理、嬉しいですね。