5/01/2015

UFに行って来ました

大学2年の期末試験を終えて夏休みに入るシャーンをゲインズビルのUF(University of Florida)学生寮まで迎えに行って来ました。
広大なキャンパスは夏休みに入った学生達が帰省して閑散としているかと思えば、今日卒業の式典での3000人もの卒業生とその家族や友人でごったがえしていました。
シャーンは2年間の寮生活を終え、3年生の新学期からはキャンパス内のアパートで友人達と暮らす予定になっており、今は8月半ばまでを私の朝食を毎日楽しみにしているシャーンといったところです。

あと2,3週間もしたら息子のジョニーがマイアミ空港勤務となってこの家に戻ってきますから、そうなると我が家やフルハウスであります。
オサンドンを一手に引き受ける側の私にとってはちょっとばかり迷惑な話ではありますが、、、。(時々は夫が夕食作りをしてくれるので、助かる。)
それにしてもジョニーは4年間のニューヨーク勤務中の殆ど毎週をフロリダに帰省したわけで、あと何往復もしなくてよくなるにしても、いままで良く通ったものだわィ。私とてエアポート通いはもう、飽き飽きでゴザル。
*********************

いつも旅行中だと食べる事が多くなる。しかし今回はネットで何時ものように美味しそうなスィーツをみて満足してしまった。
可愛いカップケーキを並べてみた。こういうのは食べるより見るほうが楽しい。
こういう楽しいのを作って楽しめる人が羨ましい。(といって私自身は作る気無し)
クリスティーナが私達のたった一日の留守の間に、クッキーをつくるのだとかでパンやら型やら、材料やらを色々と購入していた。
さて、新しい友人でも出来たものか、今回の彼女は誰に腕前を見せたいものなのか疑問である。
*****************


2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

フルハウスって、こんな場合にお使いになるのですね。トランプは良くも知らないけれど、フルハウスというのがあるのは知っています。
お賑やかになります。ご家族をずっと見守ってこられました。これからは、新しい関係になってこられるかもです。
日本は高齢化社会、それも急速にです。今は1人で出来ないことは人を頼んで手配していますが、それさえもできなくなれば、先のことは深刻にならないでおこうと思いながら、やっぱり時々はです。

Noriko Blalack さんのコメント...

Kazuyooさん、
家が一杯いっぱいになる状態をフルハウスといいます。
まさか私達夫婦が息子、孫と3世代で一緒にくらしていくなどどは思ってもいなかった私達です。
人生はどうなって、どう変わっていくものやら予知不能なところがありますね。