5/26/2017

中間お知らせ VI


今日26日は夫ドンの誕生日である。 70才の日本で云う古希のおめでたい(?)日なのだ。 で、どんなお祝いをするのかと興味を持って見守って下さる方々には何か肩透かしの様なものだが、まったくもこれといったお祝いはしない。

というより、その当人が此処にはいないノダ。 
出発する間際まで「一緒に行こうよ」としつこく言っていたドンであったが、一昨日にアリゾナ州、カリフォルニア州に10日間の旅に出掛けた。
 彼の双子兄弟ロンと二人でラスベガスでお祝いして、その後故郷のカリフォルニアの姉宅へ出かけたのだ。
米国東海岸から西海岸までの飛行は直行便であっても長時間かかる上に、州を跨いで長ドライブなどは私には耐えられないので、行きたくなかったわけだが、当人が好きで出掛けるのは自由である。
 孫娘のクリクリスティーナが子供であったころは彼女のバトントワーリング大会にラスベガスには何度か行っているし、カリフォルニアには10年以上住んでいたので、新たに行ってみたい所でもなく、サンフランシスコは私の好きな都市のひとつでもあるが、今は昔の勤務先として懐かしむ程度である。 

今年も異常気象が例年よりより暑さを増したアリゾナでは、亜熱帯のこのフロリダとは違った暑さであるようで、この年での気候差は体に悪影響を及ぼさないことを期待して、ともかくも古希の貴方、おめでとう。(あと半年で私も古希かぁ、、、)