6/02/2017

ケッ、ゴルフやるの?

おー、トイレのフラッシュハンドルを新しく付け替えてくれたのかィ。
 家の事はなーんにもしないと思っていたグータラ息子も、これくらいの事はやれるんだね。 
私は何にも出来ないから、私の血そのものが流れを持つ息子のアンタもナーンニモやらないと思っていたけれど、そりゃぁ、アンタもマキャニックだものね。
飛行機や車や電化製品は一応何でも直せるのね。
ただ、親のドンがなんでも出来るから、息子のアンタはやらないだけか。
モノグサなところは私にそっくりだものね。
そういえば、ドンが私に言った。「ジョニーはマキャニックとしては腕がたつ人間だと思うよ。性格的にちょっと難があるところは見えるけれどさ。」
元ユナイデッド航空マイアミ支店長が言うのだから、間違いない。

このオババはブルジョアジーからは程遠い人間であるし、夫のドンは土を舐めるような極貧家庭出生者であるので無論のこと、セレブ人に持て囃されるスポーツのゴルフとは昔から無縁である。
それなのに、27ホールもあるゴルフ場の広々とした敷地内に20年も住みながらゴルフをやらないなんて、どういう事なの?と他人は言う。

折角の好条件が周りにあるのに、(ウチの裏庭は、といってもほんのちょっぴりの広さのものだが、先のゴルフ場の4番ホールに続いている)もったいないとも言われたりする。
でもね、私達はゴルフがしたくて此処に住んでいる訳では無いのよ。

かなり危ないと云われる治安問題を抱えるこのフロリダ州で、ここは敷地警備もあって安全であるのと、ワニなどの野生動物も多いのが、自然動物保護地としてもきっちり管理が出来ている処が安心なのである。
亜熱帯気候として、少し湿気が多いと感じたりするが、ちょうどハワイ州とカリフォルニア州を足して2で割った感がいごごち良いのもあるし、(そのどちらの州にも10年間程住だことがある)ちょっと保守的傾向がある以外では今ではなかなか住み易い所だと認識している。
video

と、前おきが長々となったのだが、同居をしている息子のジョニーが最近やっとゴルフを始めたのだ。
もっとも始めたばかりで、セミプロの友人達からは覚えは早い方だと言われて気を良くしているだけで、これがいつまで続くのか解らないが、大学から帰省してきた孫達を巻き込んで、今日もドライブレンジにボール打ちに出かけたようだ。
先日にはドンにも一緒に行こうと誘っていたようだが、ドンはプレーしても、どうでも良いし、時間の無駄と云える好きとは到底思えないスポーツなのでと断っていたようだ。

貧乏学生のシャーンはドクターになったその時には、ゴルフ三昧したいと言い、ジョニーにドライバーセットを一式揃えてもらって、大喜びしているが、ユニクロデズニ―店で頑張っているデイヴィッドは多分ゴルフをする時間は無いだろうと言っている。
ま、皆やりたい事をやれる時にやっておくのには私は反対はしない。
スポーツはいいよ。ギャンブルやドラッグ等の違法な事をやる訳では無いものね。
何にもやらないより健康にもいいかもね。
でも、ほどほどにね。
昔、現役で務めていた頃、会社の上司が機会があればゴルフに夢中で、口に泡して、あれこれゴルフの話をしているのが、見苦しいなぁと思っていたのを思い出したゾ。
自分の趣味を押し付けて自慢げに話すアンナ人間だけには成らないでよね。