6/15/2017

賢い人間とズル賢い人間と

情報ニュースで女優の山際陽子さんや赤木春恵さんの病状が話されていた。
大昔の日本しか知らない浦島花子の私でも知っている女優さんだけに、やはり、多くの方が高齢化で倒れたりするのを聞くのは悲しい。
それが世の順番であり、常というものなのだと知っていても、ちょっと気落ちするね。
それにしても、パンダの赤ちゃんが生まれたニュースは微笑ましくていいね。
でも、この子も少し大きく成ったら中国に返すのでしょう?
パンダの飼育権利は中国政府にあるんだものね。
人間の様に日本で生まれたら日本の子という訳にはいかないのか。
♥♥♥♥

今日はトランプ陣下の議員セッションの公聴会がテレビ中継される。
先日の元FBI管長コミ―の公聴会生中継も面白かったが、さて、私には不信男と見えるセッションはどのように話すのだろう。虚言をして恥をかいた前例もあるしね。
またトランプ大統領の様に嘘八ッ百を真顔で話すのだろうか、それとも都合の悪い事は応えない作戦なのだろうか。
国の一大事と思っても、共和党はトランプ政権を操るロシアゲート問題に目を背けているもの。政権争いはどの国でも儘ならない。
「真実のみを包み隠さず話して下さい」なんて、何処かの公聴会でも聞いたような言葉のオープニングである。
賢い人間が良い人間とは言えないとこの公聴会を観て思った。
尊敬の念に値する国会議員の賢い質問の数々に、これまた賢い人間の応えは巧みにかわされていて、これを観る前と、後では何も新たに満足感は得られないのは同じである。
事の成り行きを一生懸命理解しようとするけれど、私の様な単純極まる間抜けな人間には難しすぎて真実を聞き出して、正義を見極めるのは大変である。
私は自分がズル賢い人間だと思った事はないけれど、決して賢い人間だとも思った事はない。あーぁ、もっと賢く生まれたかったヮ。

☆☆☆☆

世界中でテロ事件が起こっているのをテーマにそれを犯罪に利用しようとした今時の事件にも反映したような2016年製作の「The Take(Bastlle Day):日本語タイトル;フレンチランThe take 2016」を観た。
私の好きな部類の映画では無いのだが、こんな事も現実には有り得るかナと思わされたアクション映画であった。
話筋を通してフランス語を英語字幕で観ることで、私にはちょっと観ずらかった感もあるが面白かったには面白かったかな。

「毎晩、必ず何かの映画を観てるの?」と聞かれると、そうでもないと答えるしかないが、通常夜はドンがテレビで何を見るかを決めている。(退職前は滅多にニュース以外ではテレビを見る人ではなかった)
日中は私がネットで日本のテレビ番組を主に見るわけで、余程の重大ニュースを観たいと思う以外ではテレビは活躍の場はない。
毎日映画を見ている”映画好きオババ”と思われているかもしれないが、今の私には目の前に繰り広げられる退屈しのぎに目をやっていると言った方が的確なのかもしれない。
📺📺📺📺

昨日にちょっと晴れ間が出て太陽が輝いていたのに、今朝は昨夜からの雨降り天候になり、パテオの角々には水溜りが出来ている。
天気予報では明日も雨らしい。もううんざり。






2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

誰に聞かれても正しいことしかしない、していない人が、この世の中に居るのかどうかです。まして、権力を持てば、でしょうか。
山際陽子さんの逝去、昨日夜のニュースでした。合掌。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60さんへ
山際陽子さんの訃報をこのブログを書いて直ぐに聞かされ、本当に残念でした。合掌
加齢ごとに人間が恋しくなる自分と嫌いに成る自分がいて、毎日の暮らしが更に複雑感を持たせています。
せめて、明るいニュースを聞いたり、可愛らしい動物動画などを視て心を癒しつつ生きる私です。