6/22/2017

面白いッ

エアコンの故障が修理で生き返り、体調もそれなりに良くなった。
でも、でも、2時間の修理に2000ドルもの出費だったのには、やはり精神的には良くない。
「この家には😼が沢山いる様子なので、細菌や悪臭防止の新型パーツを入れたよ」と修理のお兄さんが言っていた。
 在築20年もの家だもの、あれこれボロボロで手直しが大変だけれど、エアコンに関してはこれで4度目の修理である。
其の度に新型に付け替えているはずだけれど、この地区ではヒーターは殆どONされないけれどエアコンは年中無休で活躍しなければならない状態なので、故障も多い訳だ。
暫くは再び故障しない事を念じている。

 🔧🔨🔧🔨

いやー、とても面白い夢を見た。(今思い出した)
亡父がやっと歩ける状態の体調ながら、自分の教え子達が集まって同窓会か、感謝会なんてのを催してくれるとの話に、それに同伴を決めた私であった。
夢の中の私はまだ若く(30代)その会の出席者と同じ年代であって、何故か私の昔の仕事仲間の女友達が一緒に参加している。
ハワイから参加した私達には3泊の滞在旅行らしかった。
 パーテー会場は和室ホテルのようで、古い学校のようでもあり、無人化したような廃校の面持ちを持っていた。
和式テーブルの周りにグルリと座った教え子達の中に、何故かトランプ大統領も座っていた。(爆笑)
父が車椅子で登場すると、側の私は「この人はこのパーテーには関係の無い人なのよね」と云った風に、トランプの前に置いてあった、書類の様なものをどけた。 (トランプは、あの下手なスピーチをする気でいたらしい。笑)
数人が自己紹介をした後に、父が簡単に挨拶をしたら、そのすぐ奥の部屋で休むことになった。
父の顔はひどく疲れていて、大変そうだった。 父をベッドに横たわらせると、父が言った。「あの教え子のソウマ君は今やジャーナリストとして犯罪者を告発したりして大活躍している凄い良い人間だ。」
そしてもう一人の(名前をますれてしまったが)教え子が如何に優秀であるかを私に言った。 父は私に案にそれらの人と付き合う事を進めていたのだ。
でも、私は「今結婚している私に、教え子と付き合いなさいと言うのはどうなんだろう」と考えていた。
あ、そうか、ドンと離婚して、そのどちらかと付き合えばこの話は成り立つかーーなどとドンがこの話を快く思ってくれるだろうかなどとボンヤリ思った私であった。
ドンは私の話をいつも本気に聞いてくれるから、直ぐにOKしてくれるか。(ンな分け無いよね)
見るとソウマさんらしき人がにこやかに私達の所へやってきた。
その後、何を話したのかは解らない。
そして目が覚めてもう30代の私はそこにはいなかった。じゃーん。(爆笑) 
起きて、独り大笑いした。面白いなぁ。夢の中の私は若く成ったり、別人になったり、自由だモ。

グロッサリーショッピングに出る際に車の中で今朝の夢の事を思い出してニヤニヤしていると、ドンがどうしたのかと聞くので、面白い夢を見たと話すと、その内容を教えてというので、ドンとの別れ話の部分だけを端折って云わないようにして、残りの部分だけ説明して聞かせた。
するとドンは「嫌な人間のトランプが出てきたのなら面白い話じゃなくて、悪夢の話じゃないのか」と云う。ハ、ハ、ハ。これまた面白いッ。

🌈🌈🌈🌈

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

>2時間の修理に2000ドル
新品はいかほどでしょう。修理代は高いのでしょう。
何故かトランプ大統領ですか。良きにつけ悪しきにつけ、大統領ですものね。
夢を見てると思うときもありますが、極断片だけです。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60さんへ
>良きにつけ悪しきにつけーーなんて、歴代一番不人気の大統領には:悪しきにつけ悪しきにつけ大統領といったところでしょうか。
医療の高額なこの国では、それでももっと最悪な方に向かっていて大変です。
悪い事は考えないようにするのがやっとといった状態に世論は荒れています。将来何か良い事がありますようにと願う庶民です。