2/22/2018

介護人?


久しぶりに朝6時に起床したので、外はまだ暗く突然階下に降りてきた私を見てニャントリオは相当驚いていたようだ。
7時に夜勤から帰宅するジョニーを待って、ドンの様子を見に病院へ行った。
検査手術のあとよく眠れたとかで、「体調には何の変りも無し。良くも無く、悪くも無く」といったところだそうで、今日はまた2つの検査手術が行われるらしい。
昨日の検査で大体の見当がつけたらしくて、今日は念の為検査だそうだ。
心臓の弁がたった一個だけで生活していたため、心臓自体は殆どが死滅の状態らしく、その残る心臓部位を一個の弁の働きでは相当無理がかかっていて、しかもその弁さえも漏れを起こし始めているとかで、これはこのままでそっと生きていくことが肝心かもしれないらしいとのこと。
「明日までの命か、あと10年も生きながらえるのか、天ぞ知るだね」と笑いながら検査室に向かって行った。
2つの検査手術は夜までかかるらしいというので、帰宅しようとした私に心臓課室ナース二人がやって来て、色々な書類を説明してくれたのだが、「それで、家庭介護ナースは明日から付けますか?」と聞かれて驚いた。
毎日のドンの体調をモニターして心臓医師団に知らせる義務があるそうで、「そういった話は当人が判断しますので、彼に直接話してください」と私が応えると「彼はまだ普通に会話出来ますか?物事を判断出来ますか?歩けますか?自力で動くことは可能なのですか?」と聞かれてまたびっくり。
どうやら私が老々介護の相方だと思っているらしかった。
ナース達の書類の質問を迎えに来たジョニーに伝えると、彼も大驚きで、「患者に先に話すべきでは無いのか。患者がどの程度の医療手当が必要かは当人が判断出来ているのを知りもしないで、介護人扱いは無いだろう。ダッドも同じ質問をされたらさぞかし驚いて怒るかもしれないね。患者の年齢だけで介護人が必要だと云うのはいけないよなぁ」と怒っていた
ジョニーはジョニーで家族の世話をしない人間だと云われたように思ったのかもしれない。
とても優しい人達なので、私達には「小さな親切、余計なお世話」と取ってしまったのかもしれないが、私自身にもちょっとショックな出来事であった。
良かれと思っての他人の親切な行動にここで怒ってはいけないね。
★★★★

フェイスブックにカーナーの10カ月の画像が載せられていたので、早速子供用額縁加工を試みた。
ハイハイして何処にでも行ってしまうし、なかなかヤンチャに成って来ているのだろう事がクリスティーナの記にも記されていた。
子供の成長はドンドン速いので、その時、その日を充分に楽しめているのだろう事が察しられた。

☆彡☆彡☆彡☆彡

昨夜は私が早くに寝室へ向かった事を不満に思ってか、ニャントリオはそれなりに暴れたのだろう。
何やら音が聞こえてはいたのだが、電動吸入器がテーブルの下に落とされていて、ペーパータオルが床に広がっていた。
日頃アシュリーは雑誌とか新聞やの紙類で遊ぶのが好きらしくて、イカイカはパンの袋やプラステックのものを齧るのが好きだし、物を押して落として壊すのは大抵がキオニの仕業である。
今日は3匹ともあまり不満顔を見せていないので、今晩は悪戯をしないで大人しくしているかもね。

😸😸😸😸

4 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

年齢とご主人様の体調を、ナースが判断されたとしても、ご家族にとっては、想像をはるかに超えたことだったのですね。
いつ、何が起こるかはです。どうぞ、持ち直していただきますように。
私のブログ<gaedening2>のURLの変更をお願いします。
https://blog.goo.ne.jp/gookazuyooになります。
httpの次に「s」が入ります。「s」で、セキュリティが強化されるそうです。

ちえこ さんのコメント...

ドンさんが心配です。
どうぞよい方向に向かいますように・・。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60さんへ
病院内からタブレットでコメント欄に書き込んだのに、何故か巧く繋がってくれなくてコメント返すのが遅くなってしまいました。
こちらでもhttpがhttpsと入力するようになりましたよ。
色々替わっていきますが、安全のためには説明通りのプログラムがひつようですものね。
より良いセキュリティに成っていくことに越したことありません。

フロリダの風 さんのコメント...

ちえこさんへ
ご心配ありがとうございます。
覚悟の成り行きとはいえ、やはりちょっととまどいがあります。
事は成るようにしかならないのが運命と思っています。
今の所当人はとても元気で何時もの頑固爺さんというところですよ。笑