3/03/2018

対人恐怖ニャン

昨日の30度超えの暑さからは変わって、今朝は20度程度で私には清々しく感じるのだが、ドンにはちょっと寒いらしい。
椰子の木がサワサワ揺れているのが春の風のように優しい。

昨日ドンに半強制的に眼鏡屋さんへ連れていかれて、眼鏡をあつらえてきた。
体調で変化する視力なので、無駄な出費はしたくないと云う私を押し切って、ドンの車を運転する時が切羽詰まっていると感じる彼の配慮らしかった。(私はドンの車を運転したことが無い)
帰途にスーパーに寄るつもりが彼の体調を考えて直ぐに帰宅。
今朝は体調が良さそうなので、午後にでも日常生活品の買い足しに出かけようと思う。
先ほどからキオニがゴロゴロニャ~んと私の注目を引こうと騒いでいる。「なーに、どうしてもらいたいの?抱っこは嫌なのに何をして欲しい訳よ」と応えるのだが、拉致が開かない。一体何を言ってるんだろう。
一日中キオニを撫ぜ撫ぜしている訳にもいかないしね。

昨日の日本では雛祭だったんだなぁ、と今朝ドンにそれを説
明して聞かせた。
「♪灯りを付けましょぼんぼりに~、お花を上げましょ桃の花~5人ばやしの笛太鼓~今日は楽しい雛祭~♪」と私も歌った。
私好きなんですよ、この雛祭の唄が。哀惜があってなんとも言えない符調ですものね。大好き。
薄給教員家庭に育った一人娘の私にはお雛様も買ってやれなかったと悔やんでいた亡母の姿が目に浮かぶ。
在米50年にしても私の心の中では昔からの何らかの想いが強く残るお雛祭りの日なのである。

🌸🌸🌸🌸

明日にはシャーンとタリサ(シャーンの彼女)が春休みでこちらに帰省してくるとの事。
家事は自分達で勝手にやってもらいましょうっと。
暫くは帰省できないといっていたデイヴィッドもどうやらもうすぐ帰省してくるらしい。
あと数日でフィリピンに出掛けるジョニーに私達の暮らしに気をつけていて欲しいと云われたのだろうか。
運転をしなくなった私に助けが必要だと考えての事か。
そこでドンが私にまた車の運転を始めて欲しいと眼鏡を購入という一連の関係があるのだ。
私の本心としては孫達の顔を見るのは嬉しいけれど、またニャンコ達の対人恐怖葛藤に付き合わされるのはちょっと迷惑な気持ちも否めないノダ。

🐱🐱🐱🐱

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

眼鏡が合わなくて頭痛になる方もですね。目の筋肉が疲れない眼鏡を眼科医で計ってもらうのが良いのでしょう。
お雛様、私も小さい時には無かったのです。戦後食べるだけでも精いっぱいの時代でした。父母ともに寝るのを惜しんで働いてくれたので、今があります。
強そうに見えるのに、キオニちゃんたち、どうしたの?ですよ。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60さんへ
猫というのは基本は人間の子供と同じで、それなりの甘えが常についているのでしょうね。自分に注目してもらいたいといつも熱心にアプローチを続けているのでしょう。可愛いけれど、ちょっと面倒くさい。笑
Kazuyoo60さんのお雛様の掛け軸を毎年とても心新たかな気持ちで拝見させていただいています。とても素敵ですものね。