3/07/2018

小学低学年知能だよ

心臓外科医のクリニック面談をして帰宅。
また新しいグループ医療係ナースやアシスタントとの説明検診後に専門外科医の話が詳しくされ、今後のドンの治療法を聞いてきた。
現在のドンの心臓状態では開胸手術での救命度は4パーセントと低く危機状態なので、ドンの元からの希望もあって開胸手術は完全回避となり、出来得る至境体外手術で心臓の弁を付け足すのだとか。
今後外来患者として最寄りの大病院の心臓専門科の施術検査を元に4回ほどの種々の治療可能検査があって(二つの病院を回らなければならないが)検査後の経過をみて来月には最終入院をして出来る手術に臨むというものらしい。
開胸手術では無いので入院は4日間程で済むらしい。
入院はジョニーがフィリピンから戻った後になりそうで、一安心。
と云う事で、一応今後の日常はこのスケジュール中心で回っていくのだろう。
この健康状態が今の私達の新しい日常として、すっかり覚悟が座った思いがある。
クリニックに向かう車の中で私は密かに「ドクターX」の大門女史医者のように「私、失敗しませんから!」と強気なドクターである事を祈っていた。ははは、、ドラマの見過ぎダ。
💉💉💉💉

今日のフェイスブックでのパズルは易しい。
コメント欄で答え合わせをしてみると、その答えを
?=フルーツサラダ
と応えていた人がいて、笑える。
答えは無論2+10X 4=42である。
この程度は小学生低学年の問題だものね。今の私には丁度良い。

🍎🍏🍎🍏

何なのだ。ニャントリオが夜中に私達の寝室で一通りの騒ぎをして棚から物を落としたり、ドタバタ走り回ったりしていた。(「コラッ、少し静かにしなさいッ」と声を掛けると治まるのだが)
ジョニーの寝室が夜勤で出かけていて空なのでは無いのに気が付いているのか、アシュリーは私の脇に寄って寝ていた。
(ジョニーが家にいる時にはいつもジョニーのベッドの上で寝ている)
多分、キオニがアシュリーの私への歩み寄りを嫉妬しているのだろう。夜間、何度も私を起こして『ニャ~~??』とすり寄って来た。
ニャントリオはドンが現在禁煙中なのが解っているらしく『パテオでモクモクしないのかニャ~~』と問いかけているようでもある。

今朝は晴天の24度、良い気分である。

🌅☀🌄☀

4 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

ご主人様の一大事ですもの、心穏やかなわけにはです。
開胸手術以外の方法も検討してくださった、ご本人の希望を尊重するのが今の医療ですね。治療方針は納得されて受けられてこそ、今は私もそう思っています。
健康な時にこそ、話し合っておきたいことですね。

ちえこ さんのコメント...

ほんとうに、大門美智子のような「わたし失敗しないので」という医師がいたらいいのに・・ですね。
開胸手術も相当リスクがありそうですが、心臓の弁をつけたすというのも大変な手術。
フロリダの風さんのご心痛もいかばかりかとこちらの心も沈みます。
良い方向に進みますようにと祈るばかりです。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60さんへ
気持ち的にはとても落ち着いたところで、最終段階日常の始まりとすっかり腹をすえています。
何時の時も成るようにしかならないもので、それを受け入れて生きるのが今の私達には寛容な事だと思っています。
ご心配、お力付けの思いを感謝しています。

フロリダの風 さんのコメント...

ちえこさんへ
この頃はすっかり最終段階暮らしに構えて日常を送る事で、気が軽くなりました。
成るようにしか成りませんものね。それが人生というものです。
心臓弁の至境手術での不正効率というものが無いほどのものですから、其の点では心配はありません。
お気使いありがとうございます。
この一環の健康状態は私達の新しい日常と捉えています。