5/06/2018

薄い繋がりしか無いけれど

窓から鴨達の姿が見えた。 今日は沢山きているなと思うと、それは成長して ママ鴨と同じ大きさになった子鴨ちゃん達であった。大きな体でもまだピヨピヨと鳴くのが何か不釣り合いだ。
今朝早くにゴルファーがカキ―ンと大騒音でパテオのスクリーン枠にボールを打ち込んだので、ニャントリオは慌てて家の中に走り隠れて姿が見えない。

←今朝フェイスブックを開けるとパッとニャンコの写真が表れた。
それは8年前に私がフェイスブックに上げたらしいカメニャンの寝姿で、こうして時々古い画像を担当者さんが親切であげてくれているらしい。
友人繋がりの薄い私のフェイスブックを毎日のようにアレコレ工夫しては個人宛動画やメッセージなどを作ってくれて私に見せてくれるのだが、私は別に「おや、懐かしいね」と思ってもそれらを一般公表する気持ちも無く、心では感謝していても「いいのよ、無理に作って見せてくれなくても、私は私で生きてるからね」と思っている。
こうやって、何百何千、何万もの人々が繋がっているのかもしれないけれど、私は私なりの薄い繋がりでも充分満足しているのよ。(負け惜しみでも何でもありませんゾ)
☆☆☆☆



シャーンが彼女と一緒に彼女の家族のメンバーとしてケンタッキーダービーの(有名な米国社交界での競馬大会)催し物に出掛けたとの画像があった。→
おー、彼はとうとう社交界との繋がりを持ったのか。(でも、私はもろ手を挙げて喜んでいる訳では無いけれどね)
☆☆☆☆

フィリピンのジョニー彼女から私宛に「母の日おめでとう!」とメッセージが送られてきた。
あれっ、母の日って来週じゃなかったかな。
「貴女もね。母の日を楽しんでね」と送り返したが、マムと呼ばれてちょっと不思議な感覚だよ。
当の彼女は8才の女の子の母親で、彼女の母親は今年77才で元気な女性らしい。
あのね、ここからは嫌なオババの愚痴として聞いてクラハイ。
彼女は若い頃6ヶ月間ほど東京のパブで歌手兼、ホステスで働いていたらしいの。だから、反日ではないと言う。
その事情から酒飲みが嫌いらしく、ジョニーがお酒を飲まないのが彼女には救いであるのだとか。
ジョニーはフィリピンパブの現状をあまり知らないから、私は何とも云っていないのだが、私個人ではちょっと複雑な思いザマス。
ま、彼女も今はママだし、性格的に問題が無ければそれはそれでいいのだし、19歳で単身渡米してきた私が何おかイワンヤなんだけれど。
(チラッと偏見が私の心の奥底にはあるようだね。)
こんな個人情報をブログに載せる私って、どうなの?
別に隠す事でも無いしね。恥じている訳でも無いのでね。

この薄い繋がりしか持たないオババが強い繋がりが広がるのを恐れてでもいるのかもしれない。ね。
☆☆☆☆

2 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

旦那様の経過は順調のようで嬉しいです。
シャーンちゃんももうすぐ結婚でしょうね。ジョニーさんの彼女も来られて、賑やかになられます。
それぞれに、それまでの生活があったわけですから。
フロリダの風様には敬意を表してくださるでしょう。存分に人付き合いは心得ておられると思います。

フロリダの風 さんのコメント...

Kazuyoo60さんへ
シャーンは大学院が終了するまではまだ1年半程ありますし、彼女の実家が裕福な事もあって、家族にお気に入りの人間としても、今の状態では結婚なんか考えられないでしょうね。
私達も現役バリバリの頃は一応に自信のあった生活も、今となっては寂しい限りのようです。
ここまで来られたことには喜ばしい事としても、チラリと私の心の底には「こんな状態を一応平穏と云うのだろうけれど、ちっとも勝ち組とは思えない暮らしぶりだなぁ」なんて思ってます。
在るものだけを感謝して生きて行くのが私のこの先の決断となりました。