6/22/2018

夏が来ても、哀しいことで一杯の今

昨日からオフィシャルに夏に入ったね。
このフロリダでは四季の違いははっきりと目に見えないので、天候の状態からそれぞれの季節を感じ取るしかない。

そんな今朝も何だか寝起きがスッキリとはいかない。
昨夜も種々の夢を見たとは思うのだが、どれも余り覚えがない。

昨日テレビのニュースで6月タイムズ誌のカバー写真がT大統領と親から引き離されて困惑する移民の幼子が載っているという。
今違法入国移民を強制送還するのに沢山の子供達(乳飲み子まで)が親から引き離されて収容所に入れられている問題でこの国の非情さに世界中が激怒している。
「デモクラットのせいでこんな状態になっている」なんてT大統領はうそぶいているのだが、人道主義を何とも考えることの無いT大統領の政界ではこのような非道な事が普通に行われているわけだ。本当に酷い。
この国に生まれ育った子供達を平和な家庭環境から無理やり引き離して、ケージに入れるなんて事が許されて良いはずが無い。悪魔だね。
違法者追放の為にはどのような(違法者ではないその子供達を犠牲にすると云う)反社会的行動も辞さないやりかたが、
どんなにひどい事なのかを考えないのだろうか。
そんな子供達を助けようと必死に戦う議員達にはその収容上の訪問視察を拒否して、「I don't care Do you? (何も気にしない。貴方は?)」なんてふざけた文が大きく書かれたジャケットを着たT大統領夫人が収容場を視察訪問するって、いったいどういう神経なのだろうね。ワカラン
あの人達には「人道主義糞くらえ、民主主義なんてどうでも良い。金持ちを守るのみ、何にしても金がものをいう世界だ、貧困者は滅びろッ」ってなところなんだろうね。哀しいねぇ。
今時明るいニュースはなかなか無い。ホント😢。

ちょっと暗くなってしまって、ごめんなさいね。
今日はカーナーが来る日。
カーナーのような幼子達が親を求めて泣いている姿を思うと、やりきれないね。
☆☆☆☆

1 件のコメント:

kazuyoo60 さんのコメント...

大統領夫人の服の文字が、私も新聞で見ました。気を付ける立場の方ですのにね。
小さな子には親や保護者が必要です。全ての生き物に共通です。政策が矛盾するのはやっぱり変です。